日韓を和解させることは当面不可能、米国でも不可能―中国軍事評論家

Record China    2021年2月10日(水) 6時40分

拡大

韓国が最新版の「国防白書」の中で日本を「格下げ」したことが物議を醸す中、中国の軍事評論家が「日韓の核心的な対立は当面、仲裁することはできない」との見方を示した。

韓国が今月2日に発表した最新版の「国防白書」の中で日本を「格下げ」したことが物議を醸す中、中国の軍事評論家が「日韓の核心的な対立は当面、仲裁することはできない」との見方を示した。

同白書では、日本に関する記述が中国に次ぐ2番目になったほか、これまで用いられていた「パートナー」との表現が「隣国」に変更された。韓国メディアはこれを「格下げ」と報じている。また、竹島(韓国名:独島)の領有権をめぐる日本の政治家の発言を「挑発」だとし、2018年の韓国海軍によるレーダー照射問題を「日本側の威嚇的な近接飛行が原因」「(日本側の)一方的な発言が、韓日関係に大きな影響を与えた」などとした。

中国の軍事評論家の曹衛東(ツァオ・ウェイドン)氏は、「一般に白書の内容は、その国が現在直面している安全保障上の脅威は何か、軍事的な同盟国は誰なのか、パートナーは誰なのか、敵対国は誰なのかといったことが含まれている」とした上で、「韓国は、これまで『パートナー』としていた日本を『隣国』とし、領土問題での対立を公にしたことで、日本との関係を著しく下げた。また、北朝鮮に対して『敵』という言葉を使わなかった。中国とは、引き続き良好な関係を築くことが記された。韓国の『国防白書』を見ると、現在と未来の北東アジアの安全情勢に対する韓国の判断が分かる」と述べた。

曹氏は、日韓両国の主な対立は「領土問題」と「歴史問題」だと指摘し、適切に解決されなければ今後関係はさらに悪化するだろうと指摘する。曹氏は「軍事的な同盟関係において、日米韓は合同演習を共にしているが、米国と日本、米国と韓国が2国間で行うならまだしも、日本と韓国が合同演習を行うとなると、その脆弱な関係性が透けて見える。韓国は国防白書で(18年のレーダー照射問題を)日本側の威嚇と明言しているし、日本側はレーダーを照射するとは自分立ちに攻撃を仕掛けるつもりなのかと感じている。日韓関係においてこれ以上対立が続き互いに譲歩しなければ、関係はさらに悪化する可能性がある」と述べた。

また、韓国が「国防白書」を発表した後、米国防総省が「日韓はアジア太平洋地域における米国の最も重要な同盟国。今後も日韓両国と協力して脅威に対応していく」との姿勢を示したことについて、韓国では「バイデン政権が日韓対立の仲裁に乗り出すのでは」との見方が出ているが、これについて曹氏は「米国が両者を本当の意味で効果的に和解させることは難しい」と指摘する。

「米国は日本と韓国をインド太平洋戦略の二つの駒として使っており、駒同士が対立すれば軍事同盟は機能しない」とする一方、「米国としても双方を和解させようという意思は持っているが、効果はないだろう。なぜなら、米国は両国の歴史問題や領土問題を解決することは不可能だからだ。これらの(対立の元となる)問題を解決できない以上、双方を『説得』するしかない。日韓の間で大きな利益相反が生じた場合、米国は決して自分たちの利益を犠牲にはしない」とし、日韓の対立において米国が果たせる役割は限られているとの見方を示した。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

時事 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携