日本企業が米国の中国ビジネスを奪う―中国メディア

Record China    2021年2月11日(木) 6時40分

拡大

中国メディア・金十数据は「日本企業が米国の中国ビジネスを奪っている」とする記事を掲載した。写真は西安市の携帯電話販売店。

2021年2月8日、中国メディア・金十数据は「日本企業が米国の中国ビジネスを奪っている」とする記事を掲載した。

記事は、中国の通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)について、2020年の営業収入が1367億ドル(約14兆3000億円)で前年同期比11.2%増、利益が99億ドル(約1兆400億円)で同10.4%になったとの報道があったと紹介。この報道に対して同社は何の反応も示していないとしつつ、ファーウェイや中興(ZTE)、小米(シャオミ)など中国企業の強いニーズの恩恵を受け、日本の多くの電子部品サプライヤーが昨年大きな利益を手に入れたとした。

そして、昨年10~12月期における村田製作所、京セラ、日本電産、TDK、アルプスアルパイン、日東電工の電子部品6大メーカーによる受注額が前年同期比で20%増加し、2四半期連続でプラス成長となったことを伝え、その背景には5Gスマートフォン部品の強いニーズと、世界の自動車関連部品需要が昨年7月ごろに底触れし、増加傾向に転じたことがあると説明。さらに、米国が昨年9月中旬に中国製品の調達禁止令を発動したことも、日本のサプライヤーに追い風となったと解説している。

記事は、ファーウェイが以前に公開した資料では、同社製品の重要なサプライヤーとして日本企業が11社入っていたほか、日本の中小企業3500社近くとの取引があることが明らかになっていると紹介。日本の6大電子部品メーカーも5社が同社と直接的な提携関係を持っていると伝えた。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

経済 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携