ハリス米大使のインタビュー、韓国でまた批判受ける―中国メディア

Record China    2021年2月9日(火) 20時40分

拡大

中国メディアの海外網は8日、ハリー・ハリス駐韓米国大使(当時)が1月の離任前に受けたインタビューの内容に韓国のネットユーザーが激しい非難を寄せたと報じた。資料写真。

中国メディアの海外網は8日、ハリー・ハリス駐韓米国大使(当時)が1月の離任前に受けたインタビューの内容に韓国のネットユーザーが激しい非難を寄せたと報じた。

記事によると、ハリス氏は離任前に英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューに応じ、その中で「歴史問題で生じた日韓の緊張が私個人を巻き込むとは思いもしなかった。自分が人身攻撃や差別を受けたことに驚いた」と語った。

同氏について韓国・聯合ニュースは「日本で生まれ、父親は在日米軍、母親は日本人。これまでの日韓関係の緊張および米国が『保護費』について韓国に圧力をかけた際、日本人の血を引く、ひげをはやしたハリス氏は韓国世論の非難の的になることが多かった」と指摘したという。

記事は「ハリス氏の口ひげは日本がかつて朝鮮半島に派遣した総督のひげと同じで、日本の植民統治に対する一部韓国人のつらい記憶を呼び起こした。争議が深まるとハリス氏はひげを剃ったが、ネットユーザーによる非難との関係を否定し、『涼しくしたいからだ』と話した」とした上で、今回のインタビュー内容が報じられると韓国のネットユーザーが「どうして差別?。韓国人は不満を示しただけだ。日本人の血を引く人を大使として派遣するなんて、米国は韓国人の気持ちを考えていない」「米国が韓国文化を理解し、プロフェッショナルな外交官を大使として派遣することを願う」などのコメントを寄せたことを紹介した。

この他、「興味深いこと」としてハリス氏が離任前に何度も韓国を称賛し、ツイッターに「私と妻の韓国での生活はとても楽しかった。韓国は米国の大使が職務を行うのに最も適した場所だ」と投稿したり、「新型コロナウイルスの大流行以来、韓国人が見せた知恵と包容・献身の精神に感嘆させられた。米韓は家族だ」との声明を発表したりしたと指摘した。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

時事 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携