米韓首脳、初の電話会談でさっそく「温度差」浮き彫りに?=韓国ネット「米国は明らかに警戒」

Record China    2021年2月5日(金) 17時20分

拡大

5日、韓国日報によると、米韓首脳による電話会談が4日に行われたが、北朝鮮問題に対するバイデン米大統領と文大統領との立場には「温度差」が見られた。写真は文大統領(韓国大統領府Facebookより)。

2021年2月5日、韓国メディア・韓国日報によると、ジョー・バイデン米大統領は文在寅(ムン・ジェイン)大統領との初の電話首脳会談で北朝鮮の核問題について「米韓間が同じ立場でいることが重要だ」との考えを示した。記事は「『速やかな対北朝鮮政策づくり』を強調した文大統領とは温度差がある」と指摘している。

記事によると、米韓首脳は4日午前8時25分ごろから約32分にわたって対話した。北朝鮮の核問題について、文大統領は「朝鮮半島の恒久的な平和の定着を前進させるため共に努力しよう」と述べた。これに対しバイデン大統領は「朝鮮半島問題の主な当事者である韓国の努力を評価する」としつつも「米韓間が同じ立場でいることが重要で、共通の目標に向け緊密に協力していく」と述べたという。記事は「文大統領が『速度』を強調したのに対し、バイデン大統領は『米韓間の目標の一致』を強調した」と指摘している。

この「温度差」は米国側の発表にも表れていたという。米ホワイトハウスは、米韓首脳が「対北朝鮮問題を緊密に調整していくことにした」と発表した。記事は「先月28日に行われた日韓電話首脳会談で『朝鮮半島の完全な非核化の必要性を確認した』と発表したことと比べても原論的な説明のみにとどめた印象だ」と指摘している。ある専門家は「米韓間の通話内容に対するホワイトハウスの単語選択は非常に慎重だった」とし、「北朝鮮問題に対する米韓の優先順位の違いが現れたもの」と分析したという。

また、米ホワイトハウスの説明からは省かれたというが、韓国大統領府は「米韓首脳は、日米韓3者間の協力が必要との意見で一致した」と明らかにした。これについて記事は「日米韓の3者協力体制が『中国けん制』の意味を持つにもかかわらず、バイデン政権が掲げる『同盟主義』に歩幅を合わせるという意思を示したもの」と説明している。

これに韓国のネットユーザーからは「文大統領は退任前にできるだけ多くのものを北朝鮮にあげたいのだろう」「米国は明らかに文大統領を警戒している」「なぜ速度が大事なのか分からない。こんなに重要な問題で速度を優先する人なんていないよ。速度を求めれば求めるほど韓国は北朝鮮に有利な立場を与え、交渉で振り回されることになる」「北朝鮮はじっとしているのになぜ文大統領はそうなのか。文大統領が『米朝対話』や『平和』を強調したせいで北朝鮮のミサイルは拡大した。つまり今のやり方が間違っているということだ」など、文大統領の立場に否定的な声が上がっている。

一方、一部では「文大統領の任期もあとわずか。急ぎたい気持ちも分かる」「われわれの望みは朝鮮半島の統一だ」など擁護する声も見られた。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

「おうち時間」に差をつけよう!“中国最高”のアナウンサー「Aちゃん」と学ぶ書籍「おもてなし中国語」刊行!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携