日本の教育法を見て理解した…「日本がなぜ強大になれたのか」を―中国メディア

Record China    2021年2月8日(月) 20時40分

拡大

中国のポータルサイト・百度に4日、「日本の教育法を見て私は理解した…日本がなぜ強大になれたのかを」と題する記事が掲載された。

中国のポータルサイト・百度(バイドゥ)に4日、「日本の教育法を見て私は理解した…日本がなぜ強大になれたのかを」と題する記事が掲載された。中国とは異なる日本の教育法について紹介している。

記事は、日本の漫画の中では子どもたちが毎朝学校に行く際、制服を着て布団をたたみ、身支度を整えて登校するという一連のことを自分で行っていると指摘。「これは日本の子どもの実際の生活を反映しているもので、日本は非常に教育を重視する国の一つである」とした。そして、日本の教育の特徴として以下の5つの点を挙げている。

1つ目は「一人で生きていける力」。日本の学校や家庭では、子どもは甘やかさない、生きていくための能力を身に付けなければならないという考えの下、子どもの自立心を促す教育を重視していると説明。日本のある学校で春休みに配られた14のチェック項目がいずれも子どもの自立にかかわるものだったとし、「早寝早起きができた」「1日3食しっかり食べた」「大きな声であいさつができた」「ハンカチやティッシュを忘れずに持っていた」といった内容を紹介した。

2つ目は「自立した実践能力」。日本の教育の特徴の一つとして、小学校では自分でしなければならないことがたくさんあることを挙げた上で、「私たち中国の学校は、子どもの工作の宿題の仕上げを親がすることはざらで、ひどい場合は最初から親が手伝う。日本の子どもは、たとえどんなに不格好でも自分で完成させなければならない」と中国と比較。「これが、日本の子どもたちの実践能力が優れている要因である」と論じた。

3つ目は「マナー」。記事は、「日本は非常に礼儀を重んじる国である。社会においても家庭内においても、統一した基準がある」と説明。「どんな時も一定の秩序を守らなければならず、特に目上の人は尊重する。子どもの国際的なコミュニケーションの作法を重視する一方で、日本の伝統的なマナー教育も忘れない」と評した。

4つ目は「平等な教育の機会」。記事は、天皇家も含めてすべての子どもが平等に学校教育を受けており、「君主制の国の教育とは大きく異なる」と指摘。日本の各学校で統一された制服も「子どもたちが平等に教育機会を得られること、子どもに差別の種を植え付けないことを体現している」との見方を示した。

そして、5つ目が「感謝の教育」。日本では食事の前に手を合わせて「いただきます」という感謝の言葉を述べる習慣があることに言及。「人と人との縁と同様、人と食べ物の縁もまたありがたいものであり、感謝の心を忘れてはいけないと教えられる」と解説した。

記事は、過去の歴史問題から多くの中国人は日本に対する印象があまり良くないが、「日本にも学ぶべきところがあることは否定できない」と主張。「彼ら(日本人)が重視してきたことは、中国国内の教育ではいずれも軽視されてきたものだ。筆者は多くの日本人ノーベル賞受賞者について調べ、彼らの粘り強さに心打たれた。それは、日本の教育と切っても切れない密接な関係があるのだ」と論じている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携