「尖閣が条約の対象なら、独島も」、韓国国会議員らオバマ大統領に立場表明を要求―中国メディア

配信日時:2014年4月25日(金) 13時6分
「尖閣が条約の対象なら、独島も」、韓国国会議員らオバマ大統領に立場表明を要求―中国メディア
画像ID  419434
25日、環球時報によると、米オバマ大統領の訪韓を翌日に控え、韓国国会外交統一委員会は24日に会議を開き、竹島(韓国名・独島)についてオバマ大統領に明確な立場表明を要求することで一致した。写真は日米共同記者会見に関する日本の報道。
2014年4月25日、環球時報によると、米オバマ大統領の訪韓を翌日に控え、韓国国会外交統一委員会は24日に会議を開き、竹島(韓国名・独島)についてオバマ大統領に明確な立場表明を要求することで一致した。

その他の写真

オバマ大統領が日米共同記者会見で、尖閣諸島が日米安保条約の適用対象であると表明したことを受け、24日の韓国外交部定例記者会見では、竹島は「米韓相互防衛条約」の適用対象であるかとの質問が上がった。

これに対し、韓国外交部の趙泰永(チョ・テヨン)報道官は、「独島(竹島)は韓国の施政権が及ぶ地域であるため、同条約の適用対象になると韓国は考えている。そのため、他国が独島に関して武力を行使した場合、米国は条約にのっとり韓国と共同で対応する義務がある」と述べた。

一方で、韓国の野党議員からは、「オバマ大統領が釣魚島(尖閣諸島)問題で日本を支持している現状は憂慮に堪えない。米国は独島が韓米相互防衛条約の適用対象であるとは表明しておらず、一貫して韓日問題だと主張している」との声が聞かれている。さらに、韓国与党議員からは、「釣魚島(尖閣諸島)が日米安保条約の適用対象なら、独島も韓米相互防衛条約の適用対象であるべきで、オバマ大統領に明確な立場表明を要求する必要がある」との意見も見られた。(翻訳・編集/内山
最新ニュースはこちら

SNS話題記事