韓国の動物園が個体数を減らすため動物を虐待、見かねた市民が世話「動物園は地獄」=ネットでも批判続出

Record China    2021年2月4日(木) 13時50分

拡大

2日、韓国・ソウル新聞は、大邱市のある動物園で、新型コロナウイルスの影響で経営が困難となり、動物の個体数を減らすために放置・虐待が行われていると伝えた。資料写真。

2021年2月2日、新型コロナウイルスの影響で経営が困難となった韓国・大邱(テグ)市にある動物園で、動物の個体数を減らすため虐待が行われていると報じられ、韓国のネット上で物議を醸している。

韓国・ソウル新聞によると、この動物園は約1年前からサル、ラクダ、アライグマ、ヒツジ、ヤギ、ガチョウなどに水や飼料を与えず管理を怠った。現在救助活動を行っている動物愛護団体には「園内のオープンな空間で動物を殺していた」との情報も寄せられているという。

ここ数カ月間は動物園の近所に住む住民が惨状を見かねて水や飼料、寒さをしのぐための毛布や発泡スチロール製の小屋などを持ち込み、動物たちの世話をしていた。住民らは「動物たちは排せつ物まみれの飼育空間で地獄のような日々を過ごしていた」と話している。ある住民はブログで動物園の実情を公開し、弁護士を通じて最近、援助が受けられるようになったという。

動物愛護団体側は今後、大邱市庁と大邱地方環境庁に「動物虐待による隔離措置」を要求する方針だという。

大邱市庁環境政策課の担当者は取材に対し「当該動物園は休園中で、電気料金を滞納しており、室内で飼育できる動物は関連業者に引き渡したが、ラクダなど屋外での飼育になる動物は世話ができない状況だった」「週に4回以上は掃除と世話のために訪れていると聞いていたが、法律上の不備があり、別途の措置を取らずにいた」と説明したという。情報提供された実情はかなり深刻だと指摘すると、「改善すべき点があると思う。地方庁、関連部処と協議する」と答えたという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「市長、市、自治体は一体何をやってるんだ?」「動物虐待という残酷すぎることを放置している理由は何だ」「動物たちがあまりにかわいそう」「ごめんね、ごめんね…」「税金はこういうところに使うものだ」「地球上で最も残忍な獣は人間」「動物虐待への罰則を強化すべき」など非難の声が続出している。

また「そもそも動物園なんてものはなくした方がいい」「勝手な人間たちのせいで動物たちが苦しめられている」「動物園は人間が作り出した残酷な空間だ」など動物園反対論も殺到している。(翻訳・編集/麻江)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携