韓国歌手が「慰安婦は性売買」主張のハーバード大教授に激怒「悪魔のよう」=ネットも「国が抗議すべき」

Record China    2021年2月3日(水) 12時20分

拡大

2日、韓国・イーデイリーは、韓国の女優で歌手のハ・リスが「日本軍慰安婦を性売買と表現したハーバード大学教授を批判した」と伝えた。写真は韓国の慰安婦歴史館。

2021年2月2日、韓国・イーデイリーは、韓国の女優で歌手のハ・リスが「日本軍慰安婦を性売買と表現したハーバード大学教授を批判した」と伝えた。

ハ・リスは2日、自身のインスタグラムに「ハーバード大教授、慰安婦は日本軍性奴隷ではなく性売買だった」という文字を入れた同教授の写真を公開。さらに「世界は広く、思考の自由と表現の自由は存在するという。でも、その自由の結果に責任を取るのが人間だ。社会的に世界的に成功した著名な大学教授だったら何なのか」「吐き下し物より臭く排せつ物より汚い論文」「人間であることを放棄した病原菌はウイルスを残す。誤解と推測、暴力を生み、憎悪を引き起こす。悪魔のようなやつ」などと、激しく教授を批判する文章を投稿した。

記事によると、このハーバード大学教授はジョン・マーク・ラムザイヤ氏。今年3月に刊行される「International Review of Law and Economics」第65巻に「太平洋戦争時の性契約」と題する論文を掲載した。論文の内容の中心は「日本軍慰安婦は当時の帝国主義の日本で合法だった公娼制が戦場に移ったものであり、日本軍慰安婦として従事した人たちはそれぞれ与えられた条件のもとで自身の利益を忠実に追求した」というものだという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「ハーバード大の教授がそう言ったのなら、ただ事ではない。国として正式に抗議すべきだ」「教授、あなたの娘が同じ目に遭っても、それは性の契約だと言うのか?」「なんて薄汚い人なんだ」など、教授を批判するコメントと、「ハリス、カッコいい!」「正しいことを言っている。応援します」「すっきりした。よく言ってくれた」など、ハ・リスへの称賛の声が寄せられている。

一方で「こんなことを言うとたたかれるかもしれないが、慰安婦はお金を受け取って性売買した人が相当数いる。それは否定できないファクトだよ」「論文の内容はちゃんと読んだの?」などのコメントも見られた。(翻訳・編集/麻江)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携