「北京大学に入学して清華大学の授業で学ぶ」が実現、学部のカリキュラムを相互開放―中国

人民網日本語版    2021年2月2日(火) 17時10分

拡大

北京大学と清華大学が学部のカリキュラムを相互開放している。

(1 / 5 枚)

【音声ニュースを聴く】

その他の写真

「二兎を追う者は一兎をも得ず」というが、中国のトップレベルの成績の高校生たちの間では、最難関大学とされる「北京大学」と「清華大学」のどちらを選ぶかが、「世紀の難題」となってきた。しかし、両校ががっちりタッグを組んだことで、そんな学生らの悩みは一気に吹き飛んだ。

北京大学教務部と清華大学教務処が昨年初め、同年の春学期から「一部の学部のカリキュラムを相互開放し、単位互換制度を導入することで合意に達した」と、共同で発表したのを覚えているだろうか?そして、同年春学期から秋学期にかけて、両校が開放するカリキュラムの数が増えていき、対象となる学科の分野や範囲は拡大し続けた。

さらに、今年1月30日、北京大学は微博(ウェイボー)公式アカウントで、「今年の春学期にも、両校は引き続き一部のカリキュラムを相互開放するほか、その種類と数もさらに拡大する」と発表した。両校は隣接しているため、「お隣さんの授業を受けに行こう!」はもう「冗談」ではなく実際に可能になり、両校の大学生の「日常生活」の一部となっている。

発表後、ネットユーザーらはすぐに反応し、「残る問題は、どうやって清華大学か北京大学に合格するかだけだな」、「うちの母も、これでどっちに進学させるべきかで悩まなくてよくなった」など、ユーモラスな声を寄せた。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携