「ミーユエ」の人気子役は11歳の可憐な少女に。ファン「純粋なままでいて」

anomado    2021年1月30日(土) 16時20分

拡大

ドラマ「ミーユエ 王朝を照らす月」に6歳で出演し、注目を集めたリウ・チューティエンは現在11歳。美しく成長していく彼女の様子にファンが釘付けとなっている。

愛くるしい見た目と大人顔負けの演技で抜群の存在感を示し、たびたび話題となる子役。中国の歴史ドラマ「ミーユエ 王朝を照らす月」で、主人公の幼少期を演じたリウ・チューティエン(劉楚恬)もその一人だ。このドラマが日本でも放送されると、「なんてかわいい子だ」、「ものすごく癒やされる!」、「めちゃくちゃ萌える」とネットが騒然となった。

リウ・チューティエンは2歳のときに、赤ちゃんコンテストの「ベイビー・スター・オブ・ザ・イヤー」に選ばれ、1年で100万元(約1600万円)を稼いだと言われる。6歳になった2015年には、「ミーユエ 王朝を照らす月」で、スン・リー(孫儷)演じる宣太后の幼少期役に抜てきされた。9歳になった2018年には、歴史ドラマ「明蘭~才媛の春~」で、チャオ・リーイン(趙麗穎)演じる明蘭の幼少期役として登場。二大トップ女優との共演が話題を集め、チューティエンは一躍人気子役となった。

現在11歳になるチューティエンは、まだあどけなさを残しつつも、時に大人びた表情を見せる美しい少女となった。今は芸能活動より学業を優先しているようだが、その可憐な姿をSNSで見せるたびに、彼女に純粋なままでいてほしいと願うファンから「絶対に整形しないでほしい」と声が上がるほど。

中国の芸能界には、ヤン・ズー(楊紫)やチャン・イーシャン(張一山)など、子役出身の人気俳優が少なくない。チューティエンもその美しさと演技力を武器に、今後も映画やドラマで活躍することを期待したい。(提供/華流・anomado

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携