「スマートプレハブ」で食用きのこ産業の発展を後押し―河南省

人民網日本語版    2021年1月28日(木) 20時30分

拡大

河南省宝豊県周荘鎮は近年、「食用きのこ特色タウン」の建設に力を入れている。

河南省宝豊県周荘鎮は近年、「食用きのこ特色タウン」の建設に力を入れている。「スマートプレハブ」デジタル化栽培などの技術を導入し、食用きのこの栽培に取り組んでいる。新華網が伝えた。

「スマートプレハブ」栽培技術は、いつでもインターネットにより室内の食用きのこの成長に必要な温度、湿度、光、水供給などをモニタリング・調節し、食用きのこの質を高め生産量を拡大できる。同鎮はすでに12軒・24組の「スマートプレハブ」を建設している。生産されたなめこやヒマラヤヒラタケなどの食用きのこが省の内外に向け販売されている。周辺の農民1000人以上の増収をけん引している。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携