「中国や韓国の物は食べない」と言い放つ日本人女性、まさかのオチに中国ネット「かわいい」「でも確かに」

Record China    2021年1月30日(土) 13時20分

拡大

中国版ツイッター・微博で27日、「中国や韓国の物は食べない」と豪語する日本人女性が紹介され、話題になっている。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で27日、「中国や韓国の物は食べない」と豪語する日本人女性が紹介され、話題になっている。

微博で240万のフォロワーを持ち、日々の面白ネタを発信しているアカウントは、日本テレビ系のバラエティー番組「月曜から夜更かし」で放送されたワンシーンを紹介。同番組のインタビューを受けたある女性は「国産の物しか食べられない。中国製や韓国製の物は食べられないんですよ。トッポギも食べたことない。アジアは一切食べられない」とし、かつて中国で段ボール肉まん問題(後に現地メディアによるやらせだったと報じられた)が取りざたされたことが原因だと語った。

女性はさらに、「パッケージの裏を見て中国と書いてあったら手を付けない」などと話していたが、インタビュアーが「ちなみに服は?」と尋ねると、タグを確認した上で「(メイド・イン…)チャイナ!」と笑いながら回答。カメラに向かって「中国品を嫌ってしまってすみませんでした」と謝罪した。

この様子が伝えられると、中国のネットユーザーからは「韓国人よりも過ちを認める勇気がある」「なんだか急に日本人が韓国人よりもずっとかわいく見えてきた」「『アジアはだめ』って、日本もアジアじゃないか」「この子いいな。強情じゃないし、屁理屈も言わないし、潔く間違いを認めてる」「でも確かにわれわれは食の安全にもっと注意を払うべきだな」といったコメントが寄せられた。

なお、同アカウントは「1日1食、パンしか食べない」という男性のインタビューも紹介している。「体壊したりはしないですか?」と聞かれ、真顔で「壊してます」と答える様子に、中国のネットユーザーからは「はははは」「笑い死ぬ!」などのコメントが多数寄せられ、文字通り「爆笑」が起きている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携