2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

<韓国船沈没>韓国は日本中古船の被害者=韓国の運航基準の「緩さ」が引き金に―香港在住エンジニア

配信日時:2014年4月23日(水) 11時28分
<韓国船沈没>韓国は日本中古船の被害者=韓国の運航基準の「緩さ」が引き金に―香港在住エンジニア
画像ID  419136
18日、中国メディア・観察者網は香港在住のエンジニア、徳斯蒙氏による韓国旅客船沈没事故の分析記事を掲載した。写真は事故に関する中国の報道。
2014年4月18日、中国メディア・観察者網は香港在住のエンジニア、徳斯蒙氏による韓国旅客船沈没事故の分析記事を掲載した。以下はその概要。

その他の写真

アジア四小龍であり、造船大国でもある韓国で、なぜこのような惨事が起きたのか。当初は不思議に思えてならなかった。だが、仔細に調べてみると「偶然の中の必然」に行き着くだろう。

セウォル号は1994年に日本で建造され、フェリーとして使われていたものを、韓国の海運会社が2012年に購入したものだという。

事故後、浸水のために発電機が停止し、停電で船内は真っ暗闇になった。国際的な規定では甲板最上部に非常用電源を設置し、通路には非常灯を設置しなければならないと義務付けられている。これらは危機発生時の被害者を大幅に減らすための措置だが、適切に行われていなかったのだから、その責任は造船者と使用者にある。

日本側は安全面に潜在的リスクがあることを承知した上で、船齢が20年を迎える前に開発途上国に売却するということを行ってきた。中国も90年代は、日本からこうした中古船を輸入していた。だが安全面の懸念から2000年以降は規制をかけ、自国製造に切り替えた。

一方、韓国は十分な造船能力を有する造船大国であるにもかかわらず、船舶の運航基準を強制的に引き上げることはせず、日本の中古船による被害者となってしまった。(翻訳・編集/NY)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事