韓国人の自殺の理由はこの2つ―中国紙

Record China    2021年1月30日(土) 19時20分

拡大

27日、成都商報は、韓国の芸能界で今年に入ってすでに2人が自殺して死亡する悲劇が発生していると報じた。

2021年1月27日、成都商報は、韓国の芸能界で今年に入ってすでに2人が自殺して死亡する悲劇が発生していると報じた。

記事は、今年に入ってまだ1カ月もたっていないにもかかわらず、韓国の芸能界からはまたタレント自殺のニュースが飛び込んできたとした上で、23日に26歳の女優ソン・ユジョンさんが23日に自宅で死亡しているのが見つかり、25日にもヒップホップ歌手IRON(アイアン)さんがマンションの花壇に倒れているのが発見され、その後死亡が確認されたと紹介。いずれも他殺の可能性は低く、自殺とみられていることを伝えた。

そして、韓国の芸能界ではタレントの自殺が後を絶たず、過去にもイ・ウンジュさん、チェ・ジンシルさん、チャン・ジャヨンさん、ソルリさんといった著名な女優、タレントが自殺によって命を落としてきたと説明。韓国社会全体で自殺が社会問題になっており、がんや心疾患、肺炎、脳血管疾患に続く5番目に多い死因とされていることを紹介した。

また、韓国人による自殺の主な理由として精神面、経済面の2つを挙げ、韓国社会では経済条件が幸福の絶対的な指標になっており、学歴や職位、業績評価などによって人が評価されることから、人びとが大きなプレッシャーやストレスを抱えているという背景を指摘している。

その上で、韓国政府が2018年に「自殺予防国家行動計画」を発表して自殺予防に本腰を入れ、著名人の自殺によって生じる社会的な影響の分析、芸能界との連携、自殺予防プロジェクトの開発といった取り組みを進めていると紹介。さらに、新型コロナによる影響を考慮して、心理的なケアの充実も図っているとする一方で、自殺率を低減させるには人びとの一層の努力が必要だとの見方を示した。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携