福建省、飲食サービス従事者のマスク着用を義務付ける規定が2月1日から施行

人民網日本語版    2021年1月29日(金) 11時43分

拡大

福建省第13期全国人民代表大会常務委員会第25回会議で「福建省の飲食サービス従事者のマスク着用に関する規定」が可決し、2月1日から施行されることが決まった。

【音声ニュースを聴く】

福建省第13期全国人民代表大会常務委員会第25回会議で「福建省の飲食サービス従事者のマスク着用に関する規定」が可決し、2月1日から施行されることが決まった。飲食サービス業界従事者のマスク着用を義務付ける規定が制定されるのは、中国全土で初めてとなる。中国新聞社が報じた。

「規定」は4条からなり、その文字数は約300字と、簡潔であるものの、中身は濃く、多くの人が注目している問題に対する規定が制定されている。

マスク着用が義務付けられる対象は誰なのだろうか?「規定」は加工や調理、料理を運ぶなど、口に入る料理に直接接触する飲食サービス従事者と明確に記し、勤務中は清潔なマスクを着用することとしている。

規定違反者に対しては、規定を守るように注意を与えなければならないだけでなく、それを拒否した場合は、個人事業者に対しては50元(1元は約16円)、その他の飲食経営主体に対しては200元以上1000元以下の罰金が科される。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携