バイデン米大統領が習近平主席に言及、対中姿勢を転換か―香港紙

Record China    2021年1月25日(月) 7時0分

拡大

香港紙、サウス・チャイナ・モーニング・ポストは、米国のバイデン大統領が中国の習近平主席との「思い出」に言及したと報じ、トランプ前政権とは異なるバイデン大統領の対中姿勢の出発点を示すものと論じた。

香港紙、サウス・チャイナ・モーニング・ポストは21日付で、米国のバイデン大統領が就任式に臨んだ際に、中国の習近平主席との「思い出」に言及したことに注目する記事を発表した。中国に対する否定的な発言がなかったことから、同記事は、トランプ前大統領とは異なるバイデン大統領の対中姿勢の出発点を示すものと論じた。

バイデン大統領は、ずいぶん前に習近平主席と共にチベット高原を訪れたと述べたという。その際、バイデン大統領は非公式の夕食会で習主席に「アメリカを定義できますか」と質問した。バイデン大統領は「一つの単語で定義できます。可能性です。われわれは世界の他の国とは違い、決意さえすれば可能と信じています」と回答したという。

バイデン氏が言及したのは、2011年にオバマ政権下の米副大統領として訪中し、当時は国家副主席だった習近平氏と、四川省成都市やチベット高原との境界にある周辺のいくつかの地域を訪問した際のエピソードと考えられる。記事は、バイデン氏は就任儀式の中では、未解決の交渉事や他国や他国の指導者に言及しなかったと紹介した上で、他者を尊重することや他者と交流することを繰り返したことにも注目した。

記事は、バイデン大統領が中国の指導者の思い出を語った一方で、米中間の紛争について否定的な言葉がなかったことは、中国との緊張を高め続けたトランプ前政権の4年間の後に続く、新たな出発を示すものとの見方を示した。(翻訳・編集/如月隼人

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

時事 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携