台湾の人気バンド・メイデイ、佐藤健主演ドラマの主題歌宣伝のため来日―中国メディア

配信日時:2014年4月21日(月) 22時6分
台湾の人気バンド・メイデイ、佐藤健主演ドラマの主題歌宣伝のため来日―中国メディア
画像ID  418915
21日、佐藤健主演の新ドラマ「ビター・ブラッド」の主題歌を担当している台湾の人気バンド、メイデイはこのほど、ドラマとニューシングルの宣伝のため来日した。写真はベースのマサ。
2014年4月21日、佐藤健主演の新ドラマ「ビター・ブラッド」の主題歌を担当している台湾の人気バンド、メイデイ(五月天/ Mayday)はこのほど、ドラマとニューシングルの宣伝のため来日した。中国新聞社が伝えた。

その他の写真

中華圏屈指の実力と人気を誇るメイデイは昨年、日本の大手芸能プロダクション・アミューズと契約を結び、福山雅治の弟分となった。昨年10月にリリースしたシングル「強く儚く/Belief−春を待つ君へ−」が映画「おしん」の主題歌となり、今年はその勢いに乗ってニューシングル「Do You Ever Shine?」を6月にリリースする予定だ。同シングルは佐藤健が警察を演じている新ドラマ「ビター・ブラッド」の主題歌であることから、メンバー5人はこのほど、東京で福山雅治と共にNHKの音楽特別番組を収録した。

新曲はボーカルのアシン(阿信)作曲、小林武史作詞によるものでリリースはまだ先だが、新ドラマの宣伝をかねて早めの来日となった。また、ベースのマサ(瑪莎)が今月25日に誕生日を迎えるため、アミューズは誕生日ケーキを特別に用意し、事前にお祝いをした。(提供/人民網日本語版・翻訳/MZ・編集/武藤)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事