日本が731件で韓国が26件!?あるランキングに韓国ネットで賛否の声「いくら何でもこの差はない」

Record China    2021年1月26日(火) 21時20分

拡大

22日、韓国のインターネット掲示板にこのほど「ミシュランガイド、国別の現況」と題したスレッドが立ち、話題を呼んでいる。資料写真。

2021年1月22日、韓国のインターネット掲示板にこのほど「ミシュランガイド、国別の現況」と題したスレッドが立ち、話題を呼んでいる。

スレッド主は「ミシュランガイド2019」の星の数の国別ランキングと、三つ星獲得数の都市別ランキングを掲載している。国別ではフランスの621件と日本の731件が他国に比べて圧倒的に多く、三つ星獲得数でも1位が東京で13件、2位がパリで10件、3位が京都で7件となっている。これにはスレッド主も「日本とフランスが圧倒的…日本はどうしてこんなに多いの?」と驚きを隠せない様子だ。

これを見た別のネットユーザーからも「ロビーの効果では?」「日本が731件で韓国が26件。いくら何でもこの差はあり得ない」と疑う声をはじめ、「日本の食べ物はおいしいけど、ミシュランは最近あまり意味がないと思う」「そもそも食べ物は人によって好みが違う」とミシュラン自体に懐疑的な声も上がっている。

一方で「日本の料理のレベルは世界トップクラス」「日本の飲食文化を見ると、確かに実力がある。米国や仏国現地で活躍するシェフもいるし、韓国で人気があるレストランも日本をベンチマーキングしたり、日本留学した人が多い」「ロビーという話もあるけど、日本自体実力のある国。パリの洋食業も日本人が賄っているという話もあるぐらい日本人シェフが活躍している」と日本の実力を評価するコメントも多く寄せられている。(翻訳・編集/松村)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携