「なぜ中国キムチをおとしめる?」ソウルの飲食店で中国人の男が暴れる=韓国ネット激怒「追放して」

Record China    2021年4月15日(木) 0時20分

拡大

14日、韓国・中央日報によると、ソウルの飲食店で「中国産キムチ」に関する会話を聞いて腹を立てた中国籍の男が、暴言を吐くなどして暴れる騒ぎがあった。写真はキムチ。

2021年4月14日、韓国・中央日報によると、ソウルの飲食店で「中国産キムチ」に関する会話を聞いて腹を立てた中国籍の男が、暴言を吐くなどして暴れる騒ぎがあった。

記事によると、50代の中国籍の男は12日午後3時20分ごろ、ソウル市内の飲食店で隣のテーブルに座っていた男性3人の会話を聞いて腹を立てた。3人は「テレビで問題になっていた中国産キムチの映像を見たら、それから飲食店で出されるキムチが食べられなくなった」との趣旨の会話をしていたという。

これに対し男は「なぜ中国をおとしめるのか」と抗議。男性3人が謝罪しても暴言を吐き続け、怒りの矛先は店主にも向けられた。目撃者の通報により警察が駆け付けた後も暴言は止まらず、警察は男を任意同行。その後、軽犯罪処罰法上の飲酒騒乱の疑いで立件し、取り調べを行っているという。

韓国では最近、中国で裸の男性が泥水のように濁った塩水で白菜を漬ける様子を収めた映像が拡散し物議を醸した。これに対し中国当局は「当該映像に登場するキムチは輸出用ではない」と説明している。

このニュースを見た韓国のネットユーザーからは「韓国から追放してほしい。その人もあの映像を見たはずだ。非衛生的なものを非衛生的だと批判して何が悪い?」「なぜ謝罪する?。事実に対して自分の意見を述べただけだ。騒いで暴れた方が謝罪するべき」「韓国で韓国人が中国人の目を気にして会話をするなんてあり得ない」など不満の声が殺到している。

また「キムチの原産地を店の外の看板に表記するよう義務付けてほしい」「韓国政府は国民のために政策を講じるべきだ」などと訴える声も上がっている。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携