複数の国が新型コロナ研究の新たな発見を発表―中国メディア

人民網日本語版    2021年1月19日(火) 20時50分

拡大

世界で現在、新型コロナウイルスの科学研究が掘り下げられている。写真はミラノ。

世界で現在、新型コロナウイルスの科学研究が掘り下げられている。複数の国の研究機関はその研究の新たな発見を発表し、感染状況の時系列を書き換え、新型コロナウイルスの起源と感染拡大への認識を深めた。人民日報が伝えた。

米国疾病予防管理センター(CDC)の研究者は2020年11月30日、月2回刊の学術誌「Clinical Infectious Diseases」に掲載した報告書の中で、19年12月に一部の米国人の献血検体から新型コロナウイルスの抗体が検出されたとした。これは米国が初の感染者を公式発表した20年1月21日よりも前に、米国に新型コロナウイルスが存在していた可能性を意味する。

この研究において、CDCの研究者は米赤十字社が19年12月13日から20年1月17日にかけて集めた7389点の検体の検査を行った。こうした検体は全米9州の献血者から来ていた。その結果、106点の検体に新型コロナウイルスの抗体が含まれ、うち39点の検体採取時期が19年12月13−16日、67点が19年12月30日から20年1月17日だった。この研究は、19年12月に米国の一部の地域で個別の感染者が出現していた可能性があり、また一部の人がそれまで体内に新型コロナウイルスと結合する抗体を持っていた可能性もあるとした。

フランスパリ公立病院連合の病院2軒の集中治療部門の責任者であるイブ・コーエン氏によると、同氏が所属する病院は19年12月から20年1月にかけて肺炎患者24人から採取された検体の検査をやり直した。その結果、19年27日に入院した男性の新型コロナウイルス検査で陽性反応が出た。この男性は感染前の一定期間内にいかなる旅行や外出をしていなかったという。コーエン氏が所属する研究チームは昨年、学術誌「International Journal of Antimicrobial Agents」にオンライン掲載した関連論文の中で、新型コロナウイルスがフランスで正式に報告される前、19年12月下旬の段階ですでにフランスで感染拡大していたことが関連証拠で明らかになったという。フランス政府が初の感染者を報告したのは昨年1月24日で、これは欧州で初めて報告された新型コロナ患者でもあった。

ブラジル・エスピリトサント州の保健当局は今年1月12日、同州で19年12月に採取された血清検体から、新型コロナウイルスの特異性IgG抗体が検出されたと発表した。同州は19年12月1日から20年6月30日にかけて採取した7370点の血清検体の新型コロナウイルス特異性抗体検査を行った。その結果、210点の検体がIgG陽性で、うち16点の採取時期はブラジルが初の感染者を報告した20年2月26日よりも前で、最も早いものは19年12月18日だった。同州保健当局は、IgG陽性が出るのは感染から一定期間後であるため、この検体採取の対象者は19年11月末か12月上旬に新型コロナウイルスの存在する環境にさらされていた可能性があるとした。

イタリアのミラノ大学が中心となる国際研究チームは昨年12月、英学術誌「British journal of dermatology」で、同国の1人の若い女性皮膚病患者の19年11月10日の生検検体から、新型コロナウイルスのゲノム配列を発見したと報告した。この結果によりイタリアの「ゼロ号患者」が発見された時期が19年11月に遡ることになった。イタリアが初の感染者を報告したのは昨年1月30日で、現地感染者を報告したのは昨年2月21日だった。

ミラノ大学の別の研究チームは昨年12月、米学術誌「Emerging Infectious Diseases」に報告を発表した。同報告によると、19年9月から20年2月にかけて麻疹の疑い患者から集めた39点の咽喉部分泌物の検査を行った。その結果、ミラノ周辺地域在住の4歳の男児の検体が、新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示した。

この検体は19年12月5日に採取された。当該男児は一定期間内に旅行していなかった。研究者は、イタリアが同国初の感染者を正式に報告した時期よりも明らかに早かったことから、19年の秋の末頃にイタリア及び一部の欧州諸国ですでに感染者が出ていた可能性があると推測した。

このほか、下水の研究により、新型コロナウイルスが早くから存在していた可能性が明らかになっている。

スペインが初の感染者を報告したのは20年1月31日で、現地感染者を報告したのは20年2月25日。しかし同国の研究者は19年3月12日に採取した下水サンプルに、新型コロナウイルスの痕跡を発見した。スペインのバルセロナ大学は昨年6月26日、同大が中心となる研究チームが18年1月から19年12月の下水サンプルを分析したところ、19年3月12日に採取した下水サンプルがPCR検査で陽性反応を示したと報告した。これは新型コロナウイルスが当時、すでにバルセロナに存在していた可能性を意味する。

ブラジルのサンタカタリーナ連邦大学は昨年7月2日に発表した研究報告書の中で、同大が中心となる研究チームがサンタカテリーナ州の州庁所在地であるフロリアノーポリスで19年11月27日に採取した下水サンプルから、新型コロナウイルスの遺伝物質が検出されたとした。これはアメリカ大陸で初の感染者が報告された時期よりも約2カ月前で、ブラジルで初の感染者が報告された時期よりも約3カ月前だ。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携