石家荘で新型コロナ濃厚接触者向けの集団隔離臨時施設が急ピッチで建設中―中国

人民網日本語版    2021年1月16日(土) 0時0分

拡大

連日、新型コロナウイルスの国内症例が多数確認されている河北省石家荘市で、濃厚接触者や二次接触者を集団隔離する臨時施設「黄荘公寓」の建設が急ピッチで進められている。

(1 / 8 枚)

連日、新型コロナウイルスの国内症例が多数確認されている河北省石家荘市で、濃厚接触者や二次接触者を集団隔離する臨時施設「黄荘公寓」の建設が急ピッチで進められている。1部屋18平方メートルの広さの部屋3000室を設置する計画で、トイレや浴室、水道、電気のほか、ベッド、布団、机、椅子、空調設備、給湯器、Wi-Fiなどの生活必需品が完備されるという。

その他の写真

1分1秒を争うように、一夜のうちに土地が平らにならされ、雑草が除去され、コンクリート打ちがなされ、プレハブハウスがクレーンで次々と設置されている。石家荘の集団隔離臨時施設は、「チャイナスピード」で建設が進められているのだ。

第一陣の車両にはプレハブハウスが合わせて600セット積み込まれ、今月13日夜に現場に到着。15日には、3000セット全てが到着する予定となっている。

13日早朝から、建設プロジェクトのうちの最初の下水管の敷設作業が始まり、建設が全面的にスタートした。同日、通信システムの設置も始まり、作業員が昼夜問わず作業して、今後のインターネット接続の需要に備えて、ブロードバンドやWi-Fi環境を整えた。

14日も1日中、隔離施設の建設が急ピッチで進められ、3000人以上の作業員が24時間交代制で作業を進めた。

同じく昼夜問わず働いているのが、石家荘の電気供給会社12社の施工チームだ。それらチームは15日午後12時までに、集団隔離臨時施設への電力の供給を開始しなければならない。特に、今は寒さが厳しくなっているため、隔離される人のための空調設備が必須となっている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携