日本で香港発祥のパンに「台湾」とネーミング、「失礼だ」の声―台湾メディア

Record China    2021年1月15日(金) 14時0分

拡大

台湾メディアの聯合新聞網は14日、日本で人気を博しているあるパンのネーミングについて、「香港に失礼だ」との声が上がっていると伝えた。

台湾メディアの聯合新聞網は14日、日本で人気を博しているあるパンのネーミングについて、「香港に失礼だ」との声が上がっていると伝えた。

記事が紹介したのは台湾でもよく見られる「菠蘿(油)麵包」。上部がサクサクとした食感のパンで、スライスしたバターを挟んで食べるものだ。日本では「台湾メロンパン」「台湾菠蘿油(ボーローヨー)」などの名前で販売され、「おいしそう」「でもカロリーがすごそう」などと話題になった。

しかし、記事は一部の店による「台湾」を冠したネーミングが物議を醸していると紹介。多くのネットユーザーから「菠蘿麵包」は香港のものだとの指摘が相次いだとし、「香港発祥のものに台湾のもののようなイメージを与えるのは良くない」「香港の菠蘿油を台湾のものだと言う人はすぐに香港に謝罪を。香港の食文化に失礼だし、台湾に対しても失礼」「これは、台湾のタピオカミルクティーを『日本のもの』と紹介するのと同じこと」などの声が上がったと伝えている。

なお、「菠蘿」は広東語で「パイナップル」、「麵包」は「パン」の意味で、直訳すると「パイナップルパン」になる。台湾で「パイナップル」は「鳳梨」と書く。

記事は「菠蘿麵包」について、「香港が発祥。焼き上がると表面は黄金色で凹凸のあるサクサクした皮の形がパイナップルに似ていることからこの名が付いた。菠蘿油は菠蘿麵包から発展した食品で、横に切って厚切りしたバターを挟むもの。香港の多くの茶餐廳(喫茶、軽食などの飲食店)で提供されており、ミルクティーと共にアフタヌーンティーや朝食として利用する人が多い」と紹介している。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携