Record China

ヘッドライン:

韓国新天地イエス教会の教主に無罪判決、韓国ネットユーザー激怒「司法システムが腐りきっている」

配信日時:2021年1月14日(木) 11時20分
拡大
14日、環球網は、韓国で新型コロナウイルスの防疫措置を妨げたなどの罪に問われた宗教団体教主に、一部無罪判決が言い渡されたと報じた。写真はソウル。

2021年1月14日、環球網は、韓国新型コロナウイルスの防疫措置を妨げたなどの罪に問われた宗教団体教主に一部無罪判決が言い渡され、同国のネットユーザーが激怒していると報じた。

記事は、昨年2月に大邱の教会で信徒を中心とした集団感染を発生させたとして、8月に感染病予防法違反などの容疑で逮捕、起訴された宗教団体「新天地イエス教会」の教主イ・マンヒ被告に対し、水原地裁が13日に「防疫当局が提出を求め、イ被告が過少申告した信徒名簿は、疫学調査の内容には当たらない」として伝染病予防法違反で処罰することはできないとして、同法違反の罪については無罪の判決を言い渡したと伝えた。

そして、この判決について被害者団体が同日の記者会見で「被害者家族にとっては大きなショックだ」と強く反発したほか、韓国のネットユーザーからの意見も判決への非難でほぼ一致したと説明。「韓国最大の弊害は司法部」「司法部こそ今回のコロナ拡散の主犯」「裁判官も司法部も腐りきっている」といったコメントに多くの「いいね」がつけられていると紹介した。

記事は、伝染病予防法で無罪判決が言い渡された一方で、教会資金の横領事件や公務執行妨害などについて裁判所は有罪とし、イ被告に懲役3年執行猶予4年の判決を下したことを併せて報じている。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング