Record China

ヘッドライン:

テスラの充電ステーションが中国で700カ所突破―中国メディア

配信日時:2021年1月13日(水) 20時50分
拡大
テスラは11日、中国で開放する急速充電ステーションが700カ所を突破し、設置した充電ポールは5700本を超え、充電ネットワークが中国の300都市をカバーしたことを明らかにした。写真はテスラ車。

米電気自動車(EV)大手テスラは11日、中国で開放する急速充電ステーションが700カ所を突破し、設置した充電ポールは5700本を超え、充電ネットワークが中国の300都市をカバーしたことを明らかにした。中国新聞社が伝えた。

注目されるのは、テスラは2020年だけで中国に急速充電ステーションを410カ所以上建設し、そのうち180カ所あまりが「スーパーチャージャーV3」だったことだ。14年に最初のステーションを建設してから、テスラは大陸部の充電ネットワーク展開を絶えず加速させ、100カ所から300カ所に増えるのには3年かかったが、300カ所から500カ所になるのにたった11カ月、500カ所から600カ所は1カ月足らず、600カ所から700カ所はわずか20日間しかかからなかった。

テスラによると、テスラは上海市で4200万元(約6億7700円)を投資して、研究開発と生産が一体となった急速充電ポール工場を建設する計画で、このプロジェクトは21年第1四半期(1-3月)にスタートし、当初の計画ではスーパー充電ポールを毎年1万本(主にスーパーチャージャーV3)生産するという。

これまで、テスラの高速充電ポールはすべて米国から輸入されており、上海の工場が稼働すれば、テスラの中国での充電ポール建設ペースはさらに加速することになる。テスラは、「数年の探求と発展を経て、テスラは中国で東西にまたがり、南北を貫く緻密な充電ネットワークを構築している。こうしたネットワークの支援の下、EVユーザーは中国の壮大で美しい自然の中をどこへでも出かけられるようになった」と説明した。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社またはライセンス元に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング