Record China

ヘッドライン:

多くの国が中国製ワクチンの調達の行列に並ぶのはなぜか―中国メディア

配信日時:2021年1月14日(木) 8時50分
拡大
最近、中国の新型コロナウイルスワクチンに関する朗報が次々に伝えられ、複数のワクチンが海外で治験の第3期臨床試験を順調に展開しているという。写真はタイのドンムアン空港。

最近、中国の新型コロナウイルスワクチンに関する朗報が次々に伝えられ、複数のワクチンが海外で治験の第3期臨床試験を順調に展開しているという。2020年12月31日には、中国医薬集団総公司(国薬)傘下の中国生物北京公司の新型コロナウイルス不活化ワクチンが条件付きで承認され、発売された。世界の多くの国が中国製ワクチンを調達するための行列に並んでいる。中央テレビニュースが伝えた。

20年12月2日、エジプトは国薬の新型コロナウイルス不活化ワクチンを緊急時に使用することを承認した。12月10日、アラブ首長国連邦(UAE)が提供した中国製ワクチンの第一弾がエジプトに到着した。

20年12月30日、トルコは中国製ワクチンの第一弾300万回分を受け取った。

20年12月30日、ウクライナは中国科興公司製のワクチン191万回分を調達すると発表した。

20年12月31日、パキスタンは国薬からワクチン120万回分を購入する計画であると発表した。同じ日、ミャンマーは2021年初頭に中国製ワクチンを入手すると発表した。

21年1月3日、タイは中国科興からスワクチン200万回分を調達すると発表した。

21年1月4日、インドネシア保健省は中国科興製ワクチンを全国に配布し始めた。

世界の多くの国が中国製ワクチンに希望を託すのはなぜか。

新型コロナウイルスとの戦いの中で、ワクチンは「最も大きな希望」とみなされている。しかし国際ワクチン検査機関「民衆のワクチン連盟」の出した報告は、残酷な現実を明らかにした。

高所得国は人口で世界の総人口の14%を占めるに過ぎないが、世界の新型コロナウイルスワクチンの半分以上をすでに調達済みというのだ。

ケニア、ミャンマー、ナイジェリアを含む中・低所得国67カ国では、平均10人に1人しか「2021年末までにワクチンを接種できる見込みがない」という。

中国は世界貿易機関(WHO)「新型コロナウイルスワクチン実施計画」にすでに正式に加入した上、さまざまな形式で発展途上国にワクチンを提供しようと検討しており、これには寄贈や無償援助が含まれる。

米紙ニューヨーク・タイムズは、「中国製ワクチンは発展途上国にとって生命線になる可能性がある」と指摘した。

中国製ワクチンの安全性と有効性は多くの国に認められている。

20年年末、国薬生物公司の不活化ワクチンがIAEとバーレーンで審査に合格して登録・発売された。

UAE保健当局はさきに、「中国製ワクチンの有効率は86%に達する」とのテスト結果を発表した。

エジプト紙アルマスリ・アルヨウムの報道によると、エジプト保健人口省のハラ・ザイード大臣は国薬製ワクチンを接種して、ワクチンの安全性と有効性を認め、「中国製ワクチンは世界的にみて非常に優れたワクチンだ」と述べた。

中国の不活化ワクチンの保管温度は2-8度で、より広い範囲での普及が可能だ。

エジプト医師連合会のオサマ・アブドゥル-ハーイ事務局長は、「中国の新型コロナウイルスワクチンは安全かつ有効で、使いやすい。一部の国が開発する新型の核酸ワクチンは氷点下70度以下の環境で保存しなければならない上、一部のワクチンは生産後1週間から2週間の間に使用しなければならず、またワクチンの生産、輸送、保管のすべてで困難に直面し、対応できない国もある」と述べた。

米CNNは、「中国が承認したワクチンが発売されて接種できるようになれば、このワクチンの中国と世界における大規模な普及推進に向けた道が敷かれることになる」と伝えた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社またはライセンス元に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング