清算手続き進める韓国の元慰安婦支援団体、「裁判での証拠隠滅?」「責任逃れ」と批判浴びる

Record China    2021年1月13日(水) 22時20分

拡大

11日、韓国・ヘラルド経済は、元慰安婦支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会」の法人清算手続きが進められていると伝えた。資料写真。

2021年1月11日、韓国・ヘラルド経済は、元慰安婦支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」の法人清算手続きが進められていると伝えた。

挺対協は2018年7月に「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)」と統合し、正義連に名称を改めた。挺対協の常任代表だった与党「共に民主党」の尹美香(ユン・ミヒャン)議員は、正義連では理事長を務めていた。尹議員は現在、挺対協での活動中の補助金管理に関する法律違反、詐欺、寄付金品法違反、業務上横領、準詐欺など八つの罪で公判中だ。

専門家らの話によると、正義連との統合後も挺対協は法人として別途運営されており、昨年から清算の手続きが始まったという。しかし一部からは「法人の代表が横領などの容疑で起訴されているのに、その法人を無くそうというのは誤解の素地が非常に大きい。裁判で有利・不利になる帳簿なども消えてしまうため、裁判所が証拠隠滅と判断する可能性がある問題だ」という指摘や、「通常なら管轄官庁が公判中の法人清算に許可は出さないはず」との声が上がっている。しかし管轄の外交部によると、昨年9月に法人解散届が出され、解散は既に完了し、清算手続きが進められている最中だという。

また、非営利法人の清算時に残余財産は類似の団体に帰属させるか国庫歳入となるが、挺対協の残余財産の措置については、いまだ不透明だという。ある専門家は「挺対協の寄付金をめぐる疑惑が解決されていない状況で、残余財産を正義連に帰属させるのは問題がある」「公判中の事案の清算を進めるのは、責任逃れという目的が強い」と批判したという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「共に民主党は、なぜ尹議員をかばうのか」「尹議員を拘束し、全額を返させるべき」「尹議員をいまだに拘束できずにいる理由は何だ?」「拘束し、議員の職を剥奪するべきだ」「こんな人が国会に座ってるなんて、笑い話だ」など批判の声が殺到している。(翻訳・編集/麻江)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携