2020年の世界映画興収71%減も、日本は「鬼滅の刃」のおかげで上位10市場で減少率最低―中国メディア

Record China    2021年1月13日(水) 10時20分

拡大

中国メディアの東方網縦相新聞は12日、2020年の全世界における映画興行収入が前年比71%減となる中、日本は「鬼滅の刃」のおかげで上位10の市場で減少率が最も低かったと報じている。

中国メディアの東方網縦相新聞は12日、2020年の全世界における映画興行収入が前年比71%減となる中、日本は「鬼滅の刃」のおかげで上位10の市場で減少率が最も低かったと報じている。

ガウアー・ストリート・アナリティクスのデータを引用して伝えたもので、それによると、コロナ禍で2020年の全世界の興行収入は前年比71%減の約142億ドル(約1兆4700億円)となった。

興収トップは中国本土で31億2000万ドル(前年比67%減)。以下、北米22億8000万ドル(同79%減)、日本12億7000万ドル(同47%減)、韓国4億6600万ドル(同72%減)、英国4億5400万ドル(同72%減)、フランス4億3800万ドル(同73%減)、ロシア3億600万ドル(同64%減)、イタリア2億2200万ドル(同70%減)、インド2億2000万ドル(同86%減)、スペイン2億1100万ドル(同69%減)の順だった。

記事は、「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」について、興収約3億2200万ドルを記録し、宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」が18年間保持した興収記録を抜いたと紹介。同映画の大ヒットが世界の主要な市場の中で日本の減少率が最低となるのを助けたと伝えている。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携