Record China

ヘッドライン:

イランによる韓国船舶抑留、韓国外交次官まで駆け付けるも交渉は難航=韓国ネット「弱い国に八つ当たり?」

配信日時:2021年1月12日(火) 19時20分
拡大
12日、韓国・ニュース1によると、イランによる韓国船舶抑留問題が長期化している。写真はイランの落書き。

2021年1月12日、韓国・ニュース1によると、イランによる韓国船舶抑留問題が長期化している。韓国は政府実務代表団に加え崔鍾建(チェ・ジョンゴン)外交部第1次官までイランに送り早期の解放を求めているが、イラン側は「司法手続きに介入できない」との立場を貫いているという。

記事によると、崔次官は11日(現地時間)、イランのザリーフ外相と会談した。会談で崔次官は韓国船舶の早期の抑留解除を求めたが、ザリーフ外相は「司法手続きに介入できない」との立場を示した。前日にはアラグチ外務次官も、崔次官との会談で「韓国はこの問題を政治化することを避け、法的手続きが行われるようにするべき」と述べたという。

これについて記事は「韓国ケミ号が湾岸に汚染物質を排出した疑いがあるため抑留したというこれまでの立場を繰り返したもの」と説明している。イラン政府は「イラン海洋庁が韓国ケミ号の海洋汚染活動を把握して告訴し、司法手続きが開始された」と主張している。

韓国政府は抑留直後から、韓国ケミ号が汚染物質を排出した具体的な証拠を提示するよう求めてきた。これに対しイラン外交当局は「司法部に証拠を要請した」としているが、いまだに提示はされていないという。

韓国側が船舶の解放を強調した一方、イラン側は米国の制裁により韓国内で凍結されたイラン資金の問題を重点的に取り上げた。ザリーフ外相は「韓国内の凍結資金は両国関係の発展を大きく妨げる」「韓国銀行の違法行為によりイラン内の韓国のイメージはひどく悪化した」などとし、「迅速な解決措置」を求めたという。

韓国ケミ号は4日、イラン当局の調査要請によりイラン海域に移動し、現在は南部の港町であるバンダレ・アッバースに抑留されている。船舶には韓国人、インドネシア人、ベトナム人、ミャンマー人など20人の船員が乗っていたとされている。

これに韓国のネットユーザーからは「米国は無理だから、弱そうな韓国に八つ当たり?」「なぜ一国の国民を人質に取ってそんなことをするのか。韓国でもイランのイメージは急降下するだろう」「事情は理解するけど最低限のマナーは守ってほしい」などイランへの批判的な声が上がっている。

一方で「イランのお金はイランに返すのが正しい。米国のせいで韓国だけが痛い目に遭っている」「早くお金を返してこの問題を終わらせてほしい。米国がそんなに怖いのか?」と主張する声も寄せられている。(翻訳・編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング