Record China

ヘッドライン:

「元凶探しではない」=WHOの国際調査団が間もなく武漢に―仏メディア

配信日時:2021年1月12日(火) 18時40分
拡大
仏RFIの中国語版サイトは11日、WHOの調査団が中国で実施する新型コロナに関する調査をめぐり、WHOが「『元凶』を探すものではない」と強調したと報じた。写真は閉鎖された中国・石家荘市の住宅地。

仏RFIの中国語版サイトは11日、世界保健機関(WHO)の国際調査団が中国で実施する新型コロナウイルスの発生源に関する調査をめぐり、WHOが「この任務に政治的な含みはなく、『元凶』を探すものではない」と強調したと報じた。

「中国がWHOの国際調査団の入国に同意した」とする記事は、中国の衛生当局が11日、「WHOの専門家の訪問は14日に始まる」との声明を出したと伝え、本来の予定から約1週間遅れとなったことを指摘した。また、中国側は詳しい日程を公表していないと説明した。

一方、WHOのテドロス事務局長が同日、「初期の感染経路を特定するため、専門家チームの研究は武漢で始められる。科学に基づくこれら実証は将来の長期的な研究の基礎になる。新型コロナの疾病研究にとって重要であるだけでなく、将来、パンデミックの脅威を引き起こす恐れのある疾病をコントロールするのにも役立つ」「調査団は中国の科学者とともに新型コロナウイルスの起源をめぐって科学的研究を展開する」と表明するとともに、オーストラリア、デンマーク、ドイツ、日本、オランダ、ロシア、英国、米国、ベトナムなどこの任務を支持する国々に感謝の意を示したことを紹介した。

記事はまた、WHOの緊急事態対応責任者のマイケル・ライアン氏が記者会見で、「WHOの専門家チームの今回の訪問は責任者探しではなく、新型コロナのパンデミックの根源を理解することが目的だ」「われわれが探しているのは問題の解答であり、(責任を負う)元凶でも責任者でもない」と表明したことを指摘。仏AFP通信が「WHOの10人の専門家(国際調査団)の訪問は中国当局にとって極めて敏感。北京は世界で190万人以上が亡くなったパンデミックのいかなる責任を引き受けることも極力避けており、ウイルスは実際に中国で影を潜めている」と報道したとも伝えた。(翻訳・編集/野谷

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング