Record China

ヘッドライン:

太陽光発電が青海省最大の電力源に、新エネの設備容量が6割超―中国

配信日時:2021年1月13日(水) 5時20分
拡大
国網青海省電力公司が10日明らかにしたところによると、青海省の設備容量は2020年末時点で4030万kWに上った。資料写真。

国網青海省電力公司が10日明らかにしたところによると、青海省の設備容量は2020年末時点で4030万kWに上った。うち新エネの設備容量は2445万kWで全体の6割以上を占め、60.7%に上った。太陽光発電は水力発電を抜き省内最大の電力源になった。同時に新エネ設備容量の拡大に伴い、青海電網クリーンエネルギー設備容量が3638万kWに上り、9割以上を占めた。科技日報が伝えた。

青海省は青蔵高原(チベット高原)の奥地に位置し、水力、風力、太陽光などのクリーンエネルギー資源が豊富で、クリーンエネルギーの発展の優位性が顕著だ。青海省は省の西部・南部の2つの1000万kW級再生可能エネルギー拠点を構築した。

2020年12月30日、世界初の新エネ長距離輸送大ルート、青海~河南±800kV超高圧直流プロジェクトが全面的に竣工し、稼働開始した。同プロジェクトは国家電網有限公司が青海省のクリーンエネルギー大規模開発計画を支えるために建設された1本目の超高圧送電大ルートだ。次々と建設され稼働開始となったこの超高圧ルート及び関連新エネ送電・変電プロジェクトは、青海省のエネルギー支柱産業、グリーン産業の発展と貧困脱却を力強く支えた。青海電網では2020年、新たに増加した送電網接続の新エネステーションは87カ所、設備容量は861万kWだった。青海省の2つの1000万kW級再生可能エネルギー拠点が全面的に完成した。

新エネ設備容量の増加により、青海省のクリーンエネルギー発電量が2020年、847億kWhに上った。うち新エネ発電量は249億kWh。847億kWhのクリーンエネルギー発電量は原炭3811万トン分の代替に相当し、CO2排出量6268万トンの削減を促進し、省エネ・排出削減の推進効果が顕著だ。

経済成長と極寒の天気が重なり、青海電網の電力負荷水準が急成長している。2020年11月に入ると、青海電網の最大電力負荷が19回、1日あたり電力使用量が17回の記録更新となった。2020年12月29日には、青海省の1日あたり新エネ発電量が再び記録更新となった。国網青海省電力公司調整・制御センターの方保民(ファン・バオミン)センター長は「新エネは省内の吸収を促進し、電力の安定供給を力強く支えた。これは青海電網の持続的な建設拡大、新エネ産業の発展のけん引と切り離すことができない」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社またはライセンス元に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国メディア「韓国の大気汚染は中国に原因」と繰り返し報道、中国大使館へ抗議に行った団体も―中国紙

深刻な大気汚染が続く韓国では、一部で「原因は中国」として中国批判の報道がある。中国はこれに対し「科学的な根拠に基づいた分析が必要」「極端な批判は両国の国民感情を傷つけるだけ」と反論している。環球時報が8日伝えた。写真は北京の大気汚染。

Record China
2019年3月10日 17時30分
続きを読む

ランキング