Record China

ヘッドライン:

シャインマスカットも紅はるかも韓国に奪われた!日本がようやく法改正=韓国ネット「日本のミス」

配信日時:2021年1月13日(水) 7時20分
拡大
10日、韓国・朝鮮日報は「シャインマスカットに続き紅はるかも韓国に奪われたとして、日本が種苗法の改正を実施した」と伝えた。資料写真。

2021年1月10日、韓国朝鮮日報は「シャインマスカットに続き紅はるかも韓国に奪われたとして、日本が種苗法の改正を実施した」と伝えた。

日本で先ごろ、改正種苗法が成立した。今年4月1日からの施行となる。記事はこの改正種苗法について、「果物や野菜の知的財産権保護に関する規定を追加した」「新たな作物の品種登録時に栽培地域と輸出目的地を別途指定できるとの内容で、『日本でのみ栽培する』などの条件を付けることで種子の海外流出を規制する」と説明。その発端は、韓国でも人気のブドウ「シャインマスカット」だと伝えている。

記事によると、シャインマスカットは日本で1988年に開発され、2006年に品種登録された。同年、韓国に種子が持ち込まれ、14年に韓国産シャインマスカットが本格的に出回るようになった。昨年からは中国、ベトナム、香港、米国、ニュージーランドなど19カ国・地域に輸出されているという。このことで、日本では「日本が開発したシャインマスカットを韓国に奪われた」という世論が起き、「正式に購入した種苗なら海外に持ち出しても違法にならない」従来の種苗法が、その原因だと指摘された。

シャインマスカットの海外での品種登録が進まないうちに、登録期限だった12年を過ぎ、日本は韓国からロイヤルティーを徴収する権利も失った。韓国では「ハチミツサツマイモ」として出回っている日本のサツマイモ品種「紅はるか」も、シャインマスカットと同様の状況にある。

韓国農業振興庁によると、昨年7月現在、韓国が登録した植物資源件数は26万3690件で、米国(59万6031件)、インド(44万3921件)、中国(44万1041件)、ロシア(31万1000件)に次ぐ世界5位。日本は22万9000件で6位だという。記事は「韓国は植物種子資源では日本を超える世界的大国となった」と評している。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「韓国が日本に奪われたものに比べたら、大したことじゃない」「日本が韓国の先祖にしたことに比べたら小さい」「ブドウくらいで何だ」などの声が数多く上がっている。

その他、「韓国は06年に正式に品種を購入した。これまでロイヤルティーを払って栽培していた。日本のミスで登録時期を逃し、ロイヤルティーを受け取れなくなっただけ」「1988年に開発したものを今まで放っておいたくせに、韓国で成功したから悔しがってるなんて、笑えるね」などのコメントや、「日本のすごいところは、農産物開発にたけていること。ハルラボンも日本の品種(デコポン)だし、お米も日本の品種はおいしい。韓国は農業専攻が三流扱いされるので人材がいないが、日本は農業に対する認識が違う。そこは見習うべきだ」との意見も見られた。(翻訳・編集/麻江)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング