Record China

ヘッドライン:

「キムチは中国料理」中国人気ユーチューバーの主張が波紋、中韓ネットで舌戦に

配信日時:2021年1月12日(火) 10時20分
拡大
11日、韓国・マネートゥデイによると、中国の人気ユーチューバーが、白菜でキムチを漬ける動画を公開し「Chinese Cuisine」というハッシュタグを付けたことが物議を醸している。資料写真。

2021年1月11日、韓国・マネートゥデイによると、中国の人気ユーチューバーが、白菜でキムチを漬ける動画を公開し「Chinese Cuisine(中国料理)」というハッシュタグを付けたことが物議を醸している。

記事によると、1400万人のチャンネル登録者数を誇る李子柒(リー・ズーチー)さんが9日、自身のYouTubeチャンネルと微博(ウェイボー)アカウントで「ライフシリーズ最後のエピソード:白菜の一生」というタイトルの動画を公開した。

20分ほどの動画には、李子柒さんが白菜を収穫するところから、赤いヤンニョムのキムチを漬けたり、キムチチゲを作る様子などが映っていた。記事は「問題は、動画の説明欄に『Chinese Cuisine』『Chinese Food』というハッシュタグを付け、韓国のキムチをまるで中国の伝統料理のように紹介した点だ」と指摘している。

この動画を見た韓国のネットユーザーからは「韓国の伝統料理を奪わないで。中国は韓国の文化を盗もうとしている」「それでキムチが中国のものになるとでも?」「彼らがどんなに騒ごうと、キムチが韓国固有の食品だということは、世界中が知っている」「うらやましいからって自分のものだと言い張るのは、乳児のすることだ」「自国の文化によほどプライドがないらしい。他国の人気のある文化を全て自分のものだと主張するんだから」などと批判の声が殺到している。

さらに、これに対し他の中国のネットユーザーらは「泡菜(パオツァイ。塩漬け野菜)は四川の伝統料理だ。四川の人が泡菜を作って食べるようになったころ、韓国は存在もしていなかった」「無知な韓国人は何も知らずに李子柒を非難している」「また韓国か。もううんざりだ」「国が小さければ心も狭い」などと反論しており、対立はさらに拡大していると記事は伝えている。(翻訳・編集/麻江)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング