「最後の発狂!」と中国メディア、ポンペオ米国務長官の「台湾との公式接触解禁」で

Record China    2021年1月10日(日) 19時30分

拡大

中国メディアの環球網は、ポンペオ米国務長官が「合衆国は台湾との公式接触の制限を終わらせる」と表明したことを受け、「最後の発狂!」などの文言を盛り込んだ記事を発表した。写真は台湾・台北市の光景。

中国メディアの環球網は10日、米国のポンペオ国務長官が現地時間9日に、「合衆国は台湾との公式接触の制限を終わらせる」とツイッターを通じて表明したことを受け、「最後の発狂!」などの文言を見出しに盛り込んだ記事を発表した。

同記事は「米国政府行政部門と台湾のパイプは、米国在台湾協会(AIT)が担う」とポンペオ長官が述べたとの報道を紹介。9日付の声明については「象徴的意義が実質的意義よりも大きいかもしれない。しかし中国が激怒することはほぼ確実」と論じたフランスのAFP通信の論評にも触れた。

記事はさらに、ポンペオ長官は7日、米国務省の公式サイトに発表した声明で中国に対して悪意ある攻撃を行い、米国の国連大使を台湾に派遣すると宣言したと紹介。この件を受け、中国政府内で台湾問題を扱う部署である国務院台湾弁公室の朱鳳蓮報道官は「われわれは米国と中国台湾地区のどんな形式の公式往来に対しても、断固として反対する」「米国が台湾問題で極度に誤った行動を取ることに、断固として反対する」などと述べたという。

中国政府・外交部の華春瑩報道官は7日の定例記者会見で、米国について「トランプ政権内の少数の反中政治家はたえず『最後の発狂』を見せつけている。個人の政治的利益のために意図的に、手段を選ばず残された任期内に、意図的に中米関係(米中関係)を破壊している。このような手口は歴史の潮流に逆らうものであり、両国人民の友好という民意に背いている。必ずや歴史の懲罰に遭遇する」と述べていた。(翻訳・編集/如月隼人

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携