オーストラリア、春節連休の中国人客不在で経済損失14億豪ドルも―豪メディア

Record China    2021年1月13日(水) 6時0分

拡大

豪州のメディアは、中国の春節(旧正月)連休に関連し、「中国人観光客の不在により、豪州の経済損失は14億豪ドルに上る可能性もある」と報じている。写真はシドニーのクージー・ビーチ。

中国・環球時報(電子版)の9日付報道によると、オーストラリアのニュースサイト「news.com.au」はこのほど、中国の春節(旧正月)連休(今年は2月11日から17日まで7連休)に関連し、「中国人観光客の不在により、豪州の経済損失は14億豪ドル(約1130億円)に上る可能性もある」と報じている。

記事はまず、「豪州の小売業界と飲食宿泊業界は、裕福な中国人客の不在により、経済的打撃を受けると予想される。旧正月は豪州への中国人観光客の流入が伝統的に最も多い月だ。19年2月の中国からの短期訪問者は20万人超と通年の約14%を占めていた。だがコロナウイルスの発生により、20年2月は2万1000人にまで急減した」などと伝えた。

その上で、業界関係者などのコメントとして、「中国人観光客はかつて、空のスーツケースを持参して訪れ、大量の高級品を購入してそれに詰め込んで帰り、豪州の小売業界に豊かな利益をもたらしていた」「今年は、小売業界から旅行業界、さらにはカジノまでのすべてのセクターで、中国人客の不在が感じられることになるだろう。最新の数字によると、中国からの短期訪問者は99.8%減少し、経済への損失は14億豪ドル近くに上ると予想されている」などと伝えている。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携