女優チャン・ツィイー初めてのドラマ「上陽賦」が配信スタート、15歳の少女役に違和感も

anomado    2021年1月12日(火) 10時0分

拡大

中国の女優チャン・ツィイーの初のドラマ作品となる「上陽賦」が9日に配信をスタート。初回で演じた15歳のシーンに、違和感が大きいとネット上でも話題になっている。

中国の女優チャン・ツィイー(章子怡)の初のドラマ作品となる「上陽賦」が9日に配信をスタート。初回で演じた15歳のシーンに、違和感が大きいとネット上でも話題になっている。

映画で活動するチャン・ツィイー初のドラマ作品として注目を浴びる「上陽賦」が、完成から約2年を経て9日、配信をスタートした。同作は全80話の時代劇ドラマで、初回では撮影当時38歳だったチャン・ツィイーが15歳の少女時代を演じている。

初回に登場した15歳で迎える女性の成人式「及笄(きゅうけい)の礼」では、視聴者からは「成人式というより女帝の即位式にしか見えない」との声が。「確かに美しいが、少女を演じるのは無理がある」「若い女優を使うべきだった」「違和感で話に集中できない」といった意見もネット上で盛り上がっている。

こういった世間の声に、チャン・ツィイーも自ら反応しており、中国版ツイッター・新浪微博(Weibo)に投稿。「当時は38歳、来月は42歳。この数字のどこが少女と呼べる?私だってちゃんと分かってる」「私は本分を尽くして役作りに励んだ。それ以外のことを話題にする必要はない」と書き込み、“少女感”を話題作りに利用していると、作品を宣伝する制作側や配信サイトに対する不満を訴えている。

チャン・ツィイーだけではなく、近年は映画で活躍する人気スターが次々とドラマへと参戦している。女優ジョウ・シュン(周迅)は2018年、主演した時代劇ドラマ「如懿伝〜紫禁城に散る宿命の王妃~」がヒット。タン・ウェイ(湯唯)は19年の「大明皇妃 -Empress of the Ming-」に主演した。このほか、俳優チン・ハオ(秦昊)は昨年ヒットした「バッド・キッズ 隠秘之罪」や時代劇「錦繡南歌」に出演している。(提供/華流・anomado

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携