「韓流」人気が低落…「残ったファンは頭がイカれた追っかけ」―中国で論説

Record China    2021年1月10日(日) 21時30分

拡大

中国の情報サイト「騰訊網」は8日、中国では韓国人芸能人の人気が大きく落ち込んだと紹介する文章を発表した。同文は、残ったファンについて「頭がイカれたやみくもな追っかけはいるが少数」と評した。

中国の情報サイト「騰訊網」は8日、中国では韓国人芸能人の人気が大きく落ち込んだと紹介する文章を発表した。同文は、残ったファンについて「頭がイカれたやみくもな追っかけはいるが少数」と評した。

文章は「韓流」の全盛期の状況を、韓国人芸能人が中国で大物ぶったこともあるが、ファンは「外見の価値こそが王道だ」と意に介さなかったと紹介。「韓国人芸能人は中国で、本国にいる時よりも人気があった。どうしてあっという間に消えてしまったのか?」と、疑問を示した。

続けて、韓国は国土資源が乏しい小国であり、大国のように重工業を国の基盤とできないと指摘。従って韓国では、科学技術や文化の輸出、特に娯楽の輸出が重視されていると主張。韓国の芸能人は極めて厳格な訓練を受けており、また商業的に管理されていて、上に対しては従順で能力は高いと説明した。そして娯楽産業が韓国にとっての収入を大いに増やしており、中でも中国人ファンの貢献度は非常に大きかったと論じた。

「風向き」が変化したのは2016年に韓国がTHAADミサイルの配備を決定したことだったという。中国側が忍耐の限界を超え、対抗措置として韓国人芸能人を封殺する「限韓令」を発動したことで、撮影済みの映画やテレビドラマでは、公開や放送を取りやめたり、韓国人出演者を別の芸能人に替えて公開した。

中国の一般大衆もTHAAD問題の影響で、韓国人スターに好感を持たなくなったという。文章は現状について「頭がイカれたやみくもな追っかけはいるが少数であり、大多数の中国人はやはり理知的」と評した。

さらに、中国でもてはやされた韓国人芸能人も、「韓国芸能界における地位は非常に低かった」と主張。「中国に来た時には韓国での収入の数倍もの金額がたちまち稼げたが、限韓令以降はもとの状態に戻った」と論じた上で、韓国の芸能界では人気スターの入れ替わりが激しく、売れても数年もたたないうちに淘汰(とうた)されてしまうと指摘して「中国の多くのスターの境遇の方が韓国人スターよりもずっと良い」との見方を示した。

文章は最後の部分で、中国では現在、娯楽産業の発展に力が入れられていると論じた上で、すでに発達している韓国の娯楽産業には、中国が学ぶべき長所があると指摘。一方で、中国では近年来「優秀なアイドルも増えた」として、「中国人は自国のアイドルを追いかけるべきで、忘恩で義理に欠く国のスターは2度と追いかける必要がない」と主張した。(翻訳・編集/如月隼人

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携