CMG「ブランド強国プロジェクト」 2021年湖北省特別公益キャンペーン開始

CRI online    2021年1月8日(金) 22時15分

拡大

中央広播電視総台の「ブランド強国プロジェクト」2021年湖北省特別公益キャンペーンが8日、北京市と武漢市で同時に行われました。

中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/ CMG)の「ブランド強国プロジェクト」2021年湖北省特別公益キャンペーンが8日、北京市と武漢市で同時に行われました。

今回の特別公益キャンペーンは、CMGが湖北省の経済回復を支援するために、引き続き5億元の広告資源を無料で提供し、全国の消費者に対して「メイドイン湖北」に対する信頼を高めることを目的としています。また、「メイドイン湖北」のために5回のライブコマースイベントを開催することで湖北省の特色ある製品を紹介し、販売を促進する予定です。CMGは広告資源を厳選して、各種援助措置をきめ細かく実行し、公益キャンペーンに最大の利益をもたらすとしています。

感染症の期間中、CMGは5500人余りの記者や編集者を新型コロナ関連の報道に投入しました。現場取材チームは1100回以上にわたって感染症の高リスク地域に赴き、世界に対して中国の感染症との闘いを伝え、偉大なる闘いの精神を報じました。さらにCMGは、「ブランド強国プロジェクト」による湖北省の予防抑制公益キャンペーンを行って、5億元の広告資源を無料で提供しました。この1年で湖北省の農業、工業、文化旅行の3ジャンルの63種類の製品は、CMGの14のチャンネルを通じて、累計1万2000回余り放送されました。CMGと北京市政府が行った「北京消費シーズン」シリーズイベントにおいて、湖北省の特色ある商品の展示エリアを設けたほか、商品のライブコマースや湖北省の「春暖花開(花咲くうららかな春)」大型オンライン就職説明会などのシリーズイベントも数回にわたって実施しています。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携