現代自+アップルの夢のコンビが自動運転EVで協業? 韓国ネット「労組の存在を知らないのか」

Record China    2021年1月11日(月) 9時30分

拡大

8日、韓国・朝鮮日報は「米アップルが自動運転電気自動車(EV)の開発に向け、現代自動車に協力を提案し協議中だ」と伝えた。

2021年1月8日、韓国紙・朝鮮日報は「米アップルが自動運転電気自動車(EV)の開発に向け、現代(ヒュンダイ)自動車に協力を提案し協議中」と伝えた。

記事によると、現代自は「多数の企業から自動運転EVの共同開発協力を養成されているが、まだ初期段階であり、何も決定されていない」としている。業界によると、アップルは現代自だけでなく複数のグローバル自動車メーカーと関連の協議を進めているという。

一方で、「アップルと現代自がアップルカー発売に向け協議しており、検討はほぼ最終段階に入っている」との報道も一部メディアで報じられている。

韓国のネットユーザーからは「今の現代自の生産技術はグローバルトップの水準だ。アップルと組めばシナジー効果は大変なものになるだろう。ここにサムスンの半導体、LGのバッテリーなど最高レベルのシステムが供給され、韓国内で車両を生産すれば、あらゆる面でテスラのライバルになれる」「この経済難の中、応援してるよ、現代」など期待の声も寄せられているが、「国内工場で生産となると、アップルが拒否するだろうな」「アップルは現代自の労組のことを知らないな(笑)」など、現代自の労働組合に言及するコメントも多数見られた。

また、「アップルカーなら値段がいくらでも買うけど、現代自と提携するなら買わない」「サムスンと協力して、ギャラクシー車をまず作ってほしい」などの意見も出ている。(翻訳・編集/麻江)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携