Record China

ヘッドライン:

中国高速鉄道の新型車両、マイナス40℃でも走行可能―中国メディア

配信日時:2021年1月8日(金) 14時20分
拡大
7日、新華社は、マイナス40℃の極寒環境でも安定走行できる高速鉄道の新型車両を紹介する記事を掲載した。

2021年1月7日、中国国営の新華社は、マイナス40℃の極寒環境でも安定走行できる高速鉄道の新型車両を紹介する記事を掲載した。

記事は、強烈な寒波が襲来した6日、最高時速350キロを誇る復興号の新型耐寒車両が中国鉄路北京鉄路局の朝陽動車運用所で初めてお目見えし、その「特殊な耐寒性能」が披露されたと紹介。同運用所の周松(ジョウ・ソン)所長が「新型耐寒車両はマイナス40℃の環境での走行が可能であり、寒冷地域を走行する(現在建設中の)北京―ハルピン高速鉄道(京哈高鉄)での運用が期待される」と語ったことを伝えた。

そして、同車両の耐寒性能についてまず、列車の「神経系統」を守る配電キャビネットの結露、凍結対策として、キャビネットの骨組みにセラミックの多孔素材を採用、外気が冷えた際に生じる結露を孔隙に貯め込んで凍結を防ぎ、温度が上昇すると自然蒸発する仕組みを取り入れたとした。

また、極寒環境でスイッチ内部の潤滑油の粘度が高まることによるアーク現象の発生を防ぐため、特殊な低温制御機能を持ったスイッチを開発したと紹介。さらに、制動面で初めて自動の凍結防止機能を本格的に採用したほか、列車のウォータータンク、汚物箱、水道管には中間に電熱線を配した厚手の「綿入れ服」を被せ、ウォータータンク底部には電気ヒーターを配するなどして、極寒環境でも列車の性能が十分発揮できる体制が確保されていると伝えた。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング