サムスントップが収監された独房、トイレの仕切りもない「最も劣悪な部屋」?=韓国ネット「やりすぎだ」

Record China    2021年1月23日(土) 6時40分

拡大

21日、サムスン電子経営トップのイ・ジェヨン副会長が、前大統領らへの贈賄罪に問われた差し戻し審で実刑判決を受けて再収監された中、3年前に収監されていた部屋が注目を集めている。写真はサムスンのショップ。

2021年1月21日、サムスン電子経営トップのイ・ジェヨン副会長が、前大統領らへの贈賄罪に問われた差し戻し審で実刑判決を受けて再収監された中、イ副会長が3年前に収監されていた部屋が注目を集めている。

韓国・国民日報によると、元大統領府行政官のホ・ヒョンジュン氏は20日、自身のフェイスブックに「ソウル拘置所の部屋を思い出し、イ副会長が頭をよぎった」「私は2018年に法廷で拘束され、その部屋で1週間ほど過ごした」と書き込んだ。ホ氏は朴槿恵(パク・クネ)政権時代に、保守団体を違法に支援する「ホワイトリスト事件」に関わったとして拘置所生活を送った。

ホ氏は「その部屋は法廷拘束された要人の自殺などを防ぐために作った独房で、24時間監視可能なカメラがある。イ副会長が1年もの間、その小さな部屋で監視を受けながら味わった苦難が全身で感じられた。サムスントップが特別な部屋で待遇を受けていたと思ったら大間違いだ」と明らかにした。

部屋の構造についても「部屋の端には高さ60センチほどのセメント塀があり、横80~90センチ、縦120センチほどのトイレがある。ここは顔を洗ったり、皿洗いをしたり、シャワーを浴びたりもできるトイレ兼浴室だ。最初の頃は本当に大変だった。ソウル拘置所で最も劣悪な部屋。大半の部屋は洋式トイレで仕切りもあるのに」と振り返り、「イ副会長は昨日そこにまた入ったとみられる」と予想した。ただし、現時点でイ副会長がかつて使っていた部屋に収監されているかどうかは確認されていないという。

イ副会長は同容疑などにより2017年初めから2018年初めまでの1年間、ソウル拘置所の独房で生活した。その後、2018年2月の控訴審で執行猶予4年で釈放されたが、3年ぶりに再びソウル拘置所に収監されることになった。

これを受け、韓国のネット上では、イ副会長に対し「そこまでする必要ある?一体誰のため?」「韓国という国を出て事業をした方がいい」「これはやりすぎ。胸が痛む」など憐れむ声が上がっている。

また文政権に対しては「政府は狂ってる」「政権が交代したら、天罰を受けることだろう」など非難の声が上がっている。

一方で「これまでその部屋に収監されてた人は良くて、財閥や金持ちが収監されたから問題なの?」「罪を犯したのだから当然のこと」と厳しい意見も寄せられており、「しっかり罪を償い、経営から手を引いた方がいい。そうすれば先進企業になるだろう。今のように政治と手を組んだら、刑務所に行かずともそう長生きできないだろう」と諭すユーザーも見られた。(翻訳・編集/松村)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携