Record China

ヘッドライン:

2020年世界のがんデータ、中国と日本が上位10カ国に―中国メディア

配信日時:2021年1月10日(日) 13時20分
拡大
中国メディアの澎湃新聞に7日、「2020年世界のがんデータ、乳がんが肺がんに取って代わり世界最多に」と題する記事が掲載された。資料写真。

中国メディアの澎湃新聞に7日、「2020年世界のがんデータ、乳がんが肺がんに取って代わり世界最多に」と題する記事が掲載された。

記事は、国際がん研究機関(IARC)が最近発表した185カ国、36種類のがんを対象とした統計データを紹介するもので、それによると20年の新たな診断件数は1929万例(男性1006万例、女性923万例)。乳がん(226万例)は肺がん(220万例)を抜いて最多となった。また、がんによる死亡は996万例(男性553万例、女性443万例)で、肺がんによる死亡は最多の180万例、乳がんは5番目に多い68万例だった。

新規診断件数を国別に見ると、最多は中国の457万例で、以下、米国(228万例)、インド(132万例)、日本(103万例)、ドイツ(63万例)、ブラジル(59万例)、ロシア(59万例)、フランス(47万例)、英国(46万例)、イタリア(42万例)の順となった。死亡例も中国が最多の300万例で、以下、インド(85万例)、米国(61万例)、日本(42万例)、ロシア(31万例)、ブラジル(26万例)、ドイツ(25万例)、インドネシア(23万例)、フランス(19万例)、英国(18万例)の順。

がんの種類別では新規診断件数の上位10位を乳がん(226万例)、肺がん(220万例)、結腸・直腸がん(193万例)、前立腺がん(141万例)、胃がん(109万例)、肝臓がん(91万例)、子宮頸がん(60万例)、食道がん(60万例)、甲状腺がん(59万例)、膀胱がん(57万例)が占めた。死亡例は肺がん(180万例)、結腸・直腸がん(94万例)、肝臓がん(83万例)、胃がん(77万例)、乳がん(68万例)、食道がん(54万例)、膵臓(すいぞう)がん(47万例)、前立腺がん(38万例)、子宮頸がん(34万例)、白血病(31万例)の順となった。(翻訳・編集/野谷

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング