意外?世界の生産量の9割が韓国製のもの「元祖は日本だったが…」=韓国ネット「驚いた」「誇らしい」

Record China    2021年1月7日(木) 7時10分

拡大

6日、韓国メディア・韓国経済は、韓国のブタンガスが世界で人気を博している理由について報じた。写真はブタンガス。

2021年1月6日、韓国メディア・韓国経済は、韓国のブタンガスが世界で人気を博している理由について報じた。

記事によると、世界のブタンガス生産量の約90%を韓国企業が占めている。これは韓国がブタンガスの最大消費国である影響が大きく、世界の市場規模が約7億個(昨年末基準)である中で韓国内の販売量は2億個を超える。2位は日本で約1億個、3位は最近消費が急増している中国だという。業界関係者は「ブタンガスの元祖は日本だが、1990年代以降は韓国が生産・消費共に主導しているといえる」と話したという。

韓国内の市場規模は年間2億~2億1000万個で1990年代と大きく変わらない。一方、世界の市場が最近10年間で約5億個から約7億個にまで増えたのは、韓流の影響が大きいとみられているという。韓国製缶工業協同組合のイ・チョルスン理事長は「韓流が拡散したことで自然と、煮ながら食べる韓国の食文化が世界に広まった」と説明。また、携帯できて使いやすいこともブタンガスの需要を拡大させた」と指摘したという。

また、国内・国外問わず最近よく売れているのが爆発防止機能がついた製品だという。一般的なブタンガスは容器内に高圧ガスが含まれており、ここに熱が加わると膨張して爆発する危険がある。そこで韓国の企業は内部圧力の上昇により爆発の危険が生じた場合に容器上段の安全リングが開いて爆発を防止する機能がついた新製品を開発した。これが世界でも人気を集めているという。

これに韓国のネットユーザーからは「90%とは驚き」「こんな分野まで韓国製品が…。誇らしい」「韓国が世界で認められている。うれしいニュースだ」「これからは安心してブタンガスが使える」「子どもの頃は日本製品が最高だった。今の我が家に日本製品はない」「サムギョプサルの相当な消費量のおかげだ」など喜ぶ声が上がっている。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

ANOMADO ショッピングサイト オープン!詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携