Record China

ヘッドライン:

韓国で波紋呼ぶ女児虐待死事件、被害者を追悼するグッズが売られ批判殺到=「恐ろしい」「2次加害だ」

配信日時:2021年1月6日(水) 19時0分
拡大
6日、韓国・国民日報によると、韓国のSNS上で養父母からの虐待により死亡した16カ月の女児を追悼するためのハッシュタグチャレンジが拡散しているが、これを悪用するケースが相次ぎ、物議を醸している。

2021年1月6日、韓国・国民日報によると、韓国のSNS上で養父母からの虐待により死亡した16カ月の女児ジョンインちゃんを追悼するためのハッシュタグチャレンジが拡散しているが、これを悪用するケースが相次ぎ、物議を醸している。

この事件は虐待を疑う通報を3度受けながらまともに捜査せず、不起訴の意見を検察に送致するなどした警察のずさんな対応により、国民の怒りが拡大した。インスタグラムには「♯ジョンインごめんね」のハッシュタグと共にジョンインちゃんの生前の元気な姿やメッセージ、裁判所に厳罰を求める声などが続々と投稿されている。ところが6日、このハッシュタグと共にグッズを販売する投稿があった。投稿には「ジョンインごめんね」と書かれたタオルやクッション、衣料品、エコバック、スマホケースなどの写真とその販売価格が書かれていたという。

これを見た他のネットユーザーからは批判の声が殺到。すると販売者は「申し訳ない。単純にこのハッシュタグチャレンジを多くの人に知ってもらう目的で製品を作ったが、多くの人から指摘され浅はかだったと気づいた」と謝罪したという。

またこの他にも、居酒屋やケーキ、ネイルショップ、衣料品を宣伝する投稿に同ハッシュタグを付けるケースがみられたという。

この記事を見た韓国のネットユーザーからも「こんなことを考える人がいるなんて恐ろしい」「していいことと悪いことの区別もつかないのか」「これは2次加害では?」「多くの国民が心を痛めているのに…。本当に情けない」「そういう目的なら無料で配布するべきだった」「ジョンイン、本当に本当にごめんなさい」など驚きや非難の声が数多く寄せられている。(翻訳・編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング