元テニス女王・李娜が中国籍離脱?情報を中国当局が否定―中国メディア

Record China    2021年1月5日(火) 21時20分

拡大

4日、騰訊網は、女子テニスでグランドスラムを2度制した李娜が中国籍を離れたとのデマがネット上で拡散し、当局が否定したことを報じた。

2021年1月4日、騰訊網は、女子テニスでグランドスラムを2度制した李娜(リー・ナー)が中国籍を離れたとのデマがネット上で拡散し、当局が否定したことを報じた。

記事は、2011年に全仏、2014年に全豪の女子シングルスで優勝した李について、先日「劉文華弁護士」を名乗るネットユーザーがネット上に「李が中国国籍を離れた」とする領事証明書を掲載したと紹介。この書き込みに対して他のユーザーからは「他人のプライバシーを侵すような輩が弁護士だと?」「まずは、どの李娜なのかをはっきりせよ。こういう注目の集め方は不適切だ」などの批判が相次いだと伝えた。

そして「李娜が中国籍を離れた」というキーワードが検索人気ランキングに登場するなど注目を集める中、多くのメディアが「この李娜は、元テニスプレーヤーの李娜ではないことが明らかになっている」と情報を否定する動きに出たとした。

さらに、韓国・釜山の中国領事館も騒動の鎮静化を図るべく声明を発表、「申請者は氏名が有名アスリートと同じであり、すでに韓国に長年定住していた」として、「中国籍を離れた李娜」は別人であることを明らかにするとともに、他人の法律文書を盗み、ネット上で公開したことに対する非難も示し、個人のプライバシーを守るよう呼び掛けたと伝えている。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携