Record China

ヘッドライン:

2020年の中国映画界「俳優商業価値ランキング」公開、ウー・ジンやホアン・ボーらが上位

配信日時:2021年1月5日(火) 20時20分
拡大
エンターテイメント界を専門に扱う中国のリサーチ会社DataWinが、2020年に映画界で活躍した俳優たちの「映画俳優商業価値ランキング」を公開した。

エンターテイメント界を専門に扱う中国のリサーチ会社DataWin(徳塔文)が、2020年に映画界で活躍した俳優たちの「映画俳優商業価値ランキング」を公開した。

このランキングは、2020年に中国国内で上映された映画の興行成績や影響力、演じた役柄の重要性だけでなく、俳優のこれまでの成績や業界内での評判、SNSへの影響力も加えたデータから、商業価値をランキング形式で30位まで公開したもの。1位に選ばれたのは、映画「八佰」や「我和我的家郷」、「金剛川」などのヒット作に出演した俳優チャン・イー(張譯)だった。

「八佰」は興行収入31億元(約495億円)を突破して昨年の興収ランキングで1位に輝き、コロナ禍の中にもかかわらず、歴代9位につけたメガヒット作。「我和我的家郷」は年間2位、「金剛川」は同4位で、チャン・イーはヒット作に恵まれた形となる。

2位はアクションスターのウー・ジン(呉京)で、同じく「我和我的家郷」と「金剛川」に出演したほか、19年のヒット作「流転の地球」特別版も公開された。3位はホアン・ボー(黄渤)で、「我和我的家郷」や年間5位の「奪冠」に出演している。

4位から10位の顔ぶれは、シェン・トン(沈騰)、ドン・チャオ(●超、●は「登」におおざと)、シュー・ジェン(徐[山争])、コン・リー(鞏俐)、チョウ・ドンユィ(周冬雨)、ワン・チエンユエン(王千源)、ホアン・シャオミン(黄暁明)となった。

トップ10入りした女優は、「奪冠」およびディズニー映画「ムーラン」のコン・リーと、今年は公開作がなかったものの19年公開「少年の君」の影響力が続いたチョウ・ドンユィの2人のみとなった。

香港・台湾の俳優でトップとなったのは、13位のジャッキー・チェン(成龍)で、このほかアンディ・ラウ(劉徳華)、ドニー・イェン(甄子丹)らがランクインしている。

若手俳優では「少年の君」や「送你一朵小紅花」からTFBOYSイー・ヤンチェンシー(易[火羊]千璽)、「月半愛麗絲」のホアン・ジンユー(黄景瑜)、「赤狐書生」のリー・シエン(李現)らが選ばれている。(Mathilda

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング