高速鉄道にまた他人の座席を占拠する「覇座女」―中国メディア

Record China    2021年1月5日(火) 11時50分

拡大

中国メディアの澎湃新聞は3日、ウェイボーへの投稿で、高速鉄道に再び「覇座」行為をする女性「覇座女」が現れたと伝えている。写真は阜陽西駅。

中国では数年前から、高速鉄道などで他人の指定席に勝手に座り、それを指摘されても占拠し続ける「覇座」行為が社会問題になっているが、中国メディアの澎湃新聞は3日、微博(ウェイボー)への投稿で、高速鉄道に再び「覇座」行為をする女性「覇座女」が現れたと伝えている。

記事によると、安徽省阜陽から上海へ向かっていた高速鉄道でこのほど、ある客が自分の指定席に座っていた女性に移動を求め、拒否された。乗務員が女性の切符を確認したところ、この列車のものではなかった。乗務員や列車長、鉄道公安員らの再三の説得にも応じなかったため、警察に通報。安徽省合肥駅で待機していた警察官が女性を連行した。

取り調べによると、女性は指定の列車に乗り遅れたため、後続列車に乗車し、同じ席に座ったという。女性は警察から厳重注意を受け、200元(約3200円)の罰金を科せられた。

投稿のコメント欄を見ると、「またか」「日常的な光景」「この女性はなぜ乗り遅れた時点で駅員に相談しなかったのか」などの感想が寄せられていた。

200元の罰金については、「少なすぎる」「覇座を奨励するようなものじゃないか」「治安管理処罰法で5日以上10日以下の行政拘留処分とすべき」などの声が書き込まれていた。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

ANOMADO ショッピングサイト オープン!詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携