Record China

ヘッドライン:

中国の観光アプリが謝罪・訂正、「南京大虐殺記念館」を「レジャー・エンタメの好適地」と紹介

配信日時:2021年1月4日(月) 13時20分
拡大
中国の観光アプリ「美団門票」が、「南京大虐殺記念館」を「レジャー・エンタメの好適地」などと紹介しているとして批判を浴びている。

中国の生活関連サービス大手「美団(MEITUAN)」の観光アプリ「美団門票」が南京市にある「南京大虐殺記念館(侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館)」を「レジャー・エンターテインメントの好適地」などと紹介しているとして批判を浴びた問題で、美団門票の微博(ウェイボー)公式アカウントは2日、謝罪文を投稿した。

中国のニュースサイト、観察者網の3日付報道によると、美団門票は南京大虐殺記念館の「特色」欄で「心身共にリラックスできるレジャー・エンターテインメントの好適地」と紹介していた。

美団門票は2日の謝罪文で、「歴史に畏敬の念を抱くことは、良い製品を作る上での前提条件です。改めて深くおわびするとともに、皆さまの監督および批判叱正に感謝します。私たちは教訓をしっかりと心に刻み、より良いサービスの提供に努めます」などとした上で、南京大虐殺記念館の特色欄を「歴史を銘記する国家公祭儀式(追悼式)の所在地」と訂正したことを明らかにした。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「南京大虐殺」追悼日の黙とうをからかう?投稿炎上で会社クビの女性、釈明するも火に油―中国

中国で「南京大虐殺」犠牲者国家公祭日(追悼の日)の12月13日、ある女性がSNS上に「みんな黙とうしていてびっくりした。日本製品でも買って気分を落ち着かせよう」と投稿して炎上し、勤務先を解雇されるという騒動があった。資料写真。

Record China
2018年12月18日 10時40分
続きを読む

ランキング