Record China

ヘッドライン:

中国ワクチンに各国から注文続々―香港メディア

配信日時:2021年1月5日(火) 7時20分
拡大
香港英字メディアのサウスチャイナ・モーニング・ポストは1日、「中国ワクチンの国際的な注文が急増」とする記事を掲載した。資料写真。

中国政府は昨年12月31日、国有製薬大手、中国医薬集団(シノファーム)傘下の中国生物が開発した新型コロナウイルス不活化ワクチンを条件付きで承認した。中国国産ワクチンの承認は初めてとなる。これに関連し、香港英字メディアのサウスチャイナ・モーニング・ポストは1日、「中国ワクチンの国際的な注文が急増」とする記事を掲載した。

中国国営新華社通信系の参考消息が3日付で伝えたところによると、サウスチャイナ・モーニング・ポストの記事は、「中国当局が同国初となる新型コロナワクチンを承認したことを受け、パキスタンやハンガリーなどの国々が、中国ワクチンを注文するための列に並んでいる」とした。

そして、ラテンアメリカ、中東、アジアの少なくとも10カ国が、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)や康希諾生物(カンシノ・バイオロジクス)を含む中国のワクチン開発業者と調達契約を締結しているとし、各国の状況について次のように伝えている。

パキスタン政府は20年12月31日、シノファームの新型コロナワクチンを60万人(120万回)分購入することを決めたと発表した。同国でワクチン調達が公式に確認されたのはこれが初となる。

ハンガリーも中国の新型コロナワクチンへの関心を表明した。政府高官は、中国から直接または欧州連合(EU)の調達メカニズム経由での入手を計画していると述べている。

ウクライナは、シノバック・バイオテックから180万回分を調達する契約に署名している。シノバック・バイオテックはシノファームと同様に、20年7月に中国で緊急使用許可を取得している。

記事はまた、専門家のコメントを引用し、「ワクチンの供給は、中国の国際的地位を測る上での重要なベンチマークの一つ」(シンガポール国立大学リー・クアンユー公共政策大学院のDrew Thompson氏)、「中国が中国ワクチンを首尾よく展開できれば中国にとっての勝利であり、世界の公衆衛生の勝利でもある」(オーストラリア国立大学の客員研究員、Dominic Meagher氏)とも伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング