Record China

ヘッドライン:

満身創痍のジャッキー・チェン、肩を借りて歩く姿に「古傷の悪化か」心配の声

配信日時:2021年1月4日(月) 22時50分
拡大
新作映画のPRイベントに出席したジャッキー・チェンが、人の肩を借りて腰をかばうように歩く姿を撮った動画がネット上で拡散され、ネットユーザーから古傷の悪化を心配する声が上がっている。

新作映画のPRイベントに出席したジャッキー・チェン(成龍)が、人の肩を借りて腰をかばうように歩く姿を撮った動画がネット上で拡散され、ネットユーザーから古傷の悪化を心配する声が上がっている。

中国で15日から公開の長編アニメ映画「ウィッシュドラゴン」(許願神龍)で声優を務めたジャッキー・チェンが1日、映画のPRイベントに出席した時に撮影されたもの。男女2人の若手俳優の肩に手を置き、歩くジャッキー・チェンの姿が映っているが、足の運びは遅く、やや引きずっているようにも見える。

動画では終始笑顔を見せているジャッキー・チェンだが、人前にもかかわらず肩を借りて歩く姿を見せたのは、ずっと抱えている腰痛や、あるいは古傷の状態がかなり悪いのではないかと、ネットユーザーから心配の声が上がっている。

子役からスタートして約60年、数々のヒット作を生んできたジャッキー・チェンだが、長年のアクション俳優生活によって、満身創痍(そうい)なこともよく知られている。1970年代の「少林門」や「酔拳」での大ケガに始まり、91年の「プロジェクト・イーグル」では胸骨が裂けたと報じられ、「レッド・ブロンクス」では骨折しながらも撮影を続行。2001年の「アクシデンタル・スパイ」では前代未聞のアクションシーンに挑戦し、一時的に半身不随状態になったことも。過去のインタビューでは、「今まで生きてこられたことが奇跡」とも発言している。(Mathilda

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング