Record China

ヘッドライン:

中国の偽造医薬品はフランスにも、過去最多の10トン押収―中国メディア

配信日時:2014年4月12日(土) 19時43分
拡大
10日、フランスのルアーブル税関は偽造医薬品10トンを押収したことを明らかにした。資料写真。
(1/2枚)

2014年4月11日、中国のニュースサイト・騰訊(テンセント)によると、フランスの税関は10日、偽造医薬品10トンを押収したことを明らかにした。欧州連合(EU)圏内では過去最高の押収量で、末端価格は約100万ユーロ(約1億4000万円)。コンテナには「中国茶」と書かれていた。

その他の写真

偽造医薬品は「中国茶」として申告されたが、2月末にフランス北西部ルアーブルで押収された。税関によると、偽造された医薬品は240万回投与分で、中国で製造された偽アスピリンや下痢止めのほか、米製薬会社ファイザーやイーライリリーのED治療薬があった。偽造された医薬品には、有効成分が全く含まれていないものや正規品とは異なる量が含まれているものがあり、服用すれば健康被害が出る恐れもあるという。

偽造医薬品は衣服に次いで押収率の多い偽造製品だが、このように大量に押収される例は極めて珍しい。ほとんどの場合は小包で運ばれており、押収される偽造医薬品はED治療薬が主だという。税関職員は「こうした薬を薬局で買うのをためらい、ネットショップで安価で購入する人がいるが、偽物であるケースが多い」と話している。(翻訳・編集/藤)

関連記事

STAP細胞めぐり「ネイチャー」も調査に乗り出す=「初めから疑わしかった」「小保方さんを信じよう」―中国版ツイッター

20日、日本の理化学研究所(理研)などの研究チームが発表したSTAP細胞に関する論文について、画像データに不自然な点があると指摘されていることが、中国のネット上でも話題となっている。写真はSTAP細胞作製の成功を伝える番組。

Record China
2014年2月20日 12時25分
続きを読む

ランキング